Korea - 韓国

Korea

The Contents of Korea

韓国

韓国の目次

The Asian BBS Conference in Seoul 1991

アジアBBS会議@ソウル 1991

A Pilgrimage of Trust and Prayer 1997

韓国・信頼と祈りの旅 1997

An Extra Short Trip to Seoul, Korea 2009

韓国・ソウルへ超短期旅行 2009

最近大連の日本人の間で、日本へ行くのに韓国経由がはやっている。ソウルはインチョン(仁川)空港に着いて、スケジュールによってはソウルで一泊して、キンポ(金浦)空港へ移動して日本の羽田空港へ行くので少しめんどうなのだけど、JALやANAのバカ高い料金に比べて、とにかく安く、通常6千元するところを、4千元で済む。私は今回下の娘がマイレージを使っていいよということで、無料の往復だったが、私も帰りにソウルへ寄る気になり、2泊することにした。中国・大連滞在のこの8年間、そうしなかったのが不思議なくらいだ。

A.羽田空港の海外便 朝、家からガラガラと荷物を7分ほど引いて、5時半少し前の始発のモノレールでJR大船駅に行き、5:45発の湘南電車で横浜へ。そこで駅員に京浜急行の羽田直通を聞いて、少し待って、横浜6:17分発に乗り、蒲田駅で乗り換える必要はなく、6:42分にはもう羽田空港に着いた。羽田空港に来るのは何年ぶりだろうと思いながら(たぶん8年前にAS/400ユーザー・カンフェランス)、国際線乗り場を探したガ、分かりにくいところにあり、やっと第2ターミナルから無料の接続バスに乗って、まるでアフリカの小さな飛行場みたいなバラック建てに行った。立派なターミナルはいま建設中で、来年2010年秋にできるという。

ソウルへは、私はこれが3回目。1回目は20年くらい前に、パソコン通信の大会があって行き、オリンピック関係の施設でやり、ヨンサン(龍山)の秋葉原のようなところへ行った。2回目は10年くらい前で、教会の人たちとさまざまな教会を訪ねながら日韓の近代史を学ぶという旅行で、ソウル市内は3/1独立運動公園・市庁そばの聖公会大聖堂・南山公園のアンジュングン(安重根)記念館へいっただけで、観光地はほとんど見ていない。今回ソウルに寄ったもう一つの理由が、大連の教会での韓国人の友人が丁度旧正月休みでソウルへ帰っていたので、彼を頼っていった。

B.第一日目はソウルのイントロ キンポ空港には、友人が出迎えてくれて、彼の弟と車できてくれた。車はハンガン(漢江)の南側の自動車専用道路をさかのぼり、いろいろな橋を眺めて、まずサンシル(蚕室)にあるロッテホテル・ワールドやロッテワールド遊園地の近くのホテル・レークへ向かい、そこが一泊12万ウォン(1万円くらい)は個人払いでは高いということになり、そこから少し東に離れたところで、オリンピック公園の正式入り口(地下鉄の夢村土城駅)の向かいのハンミ(Hanmi韓美)製薬ビルの裏にある、ビジネスホテル・アテネというところに行き、そこは2泊で12万ウォンだった。ビジネスの人も多いのだが、恋人を連れて車で乗り付ける人も多く、ソウルでは通常ビジネスホテルはラブホテルも兼ねていて、駐車中の車はすべてホテルがナンバープレートを隠していた。それでもさすがインターネット大国・韓国、こうしたホテルも各部屋にインターネットと接続したパソコン(大型液晶ディスプレイ付き)があり、私もそのインターネット・ケーブルを持参のノートパソコンにつなぎ換えて、自由に使えた。

昼食は、ロッテデパートのレストラン街の「ハンヌリHanwoori」で(この店は北京にもあるという)、私の友人、ロッテ・グループのある子会社の会長さん、大連の教会の韓国系米国人の牧師さんの4人で。牧師さんは、いま大連で陽光国際学校と英語で教育する学校を企画中で、その話があり、みんなで協力することにした。昼食代金は会長さんが払ってくれるのかなと思ったら、牧師さんが払い、まずい、韓国は米国と同じで、牧師さんは最大の敬意を払わないといけないのだと思ったが、後の祭りだった。

午後は、私の友人と彼の友人で日本語ができる人を通訳にして、江南区の大きな花市場のそばにある、お花をインターネット経由でオーダーして届ける会社(OK Flower)へ寄って、社長さんに会って、大連ソフトウェアパークの紹介もした。お花の国際的なオーダーはこの通訳さんが英語でやっているそうで、彼は韓国の南西端から北東端まで週末に何年かかけて歩いている最中で、ソラクサン(雪岳山、1708m)や他の山を地図で紹介してくれて、ソラクサンは秋の紅葉時期に登り、みんなでごろ寝を我慢擦れは山頂で泊まれるということで、いつかぜひ一緒に行こうというような雑談をした。お花をインターネットで届けるのは、日本にもJFTD,富士生花店、日比谷花壇、JFNなどがあるが、韓国では40社くらいがひしめいていて、韓国の方々はみんな見栄っ張りだからお花の需要も多くて、いい商売になるということだった。

夕方、この会社の社長さんが焼肉の夕食をおごってくれた。中国の朝鮮族の娘さんたちがウェイトレスでというのは日本と同様で、全体においしかったが、ブルーベリーの味が付いたワインも飲み、これは特にマッシソヨ(おいしい)。ただし、私が好きのユッケ(牛の生肉)は大連の味付けの方がよかった。夕食後、この日の昼食で会った会長さんがまた来てくれて、彼が我々男4人をカラオケにつれていってくれた。韓国語、日本語、英語の歌があり、日本語文字も中国の香港製ビデオのように間違いはなくて、音響もなかなかよかったが、韓国人の方々はひたすら画面を見て歌う習慣で、日本や中国のように、聴衆の方を見てジェスチャーもまじえて歌わないのが、少し違っていた。ビールは韓国産のCassかHiteで、普通だった。夜10時ごろ散会して、会長が送ってくれるはずで帰りかけたが、二人でもう一回カラオケへ行こうということになり、それが終わってホテルに帰ったのは、もう真夜中を少し回っていた。

C.第二日目はおもに市内観光 二日目は、午前中にタクシーで韓国ソフトウェア産業協会(Korea Software Industry Association)へ行き、そこの国際部の部長さん(曹永薫Cho Yong Hoon)を昼食前の30分間訪問して、大連のソフトウェア産業を十分説明した。午後は地下鉄でそこの江南区庁駅から乙支路入口駅へ行き(繁華街のミョンドン明洞のすぐ北)、途中日本時代の銀行の建物や鐘閣(鐘楼)の写真を撮ったりしながら、チョンゲチョン(清渓川)大通りあたりからブラブラ歩いて、YMCAの前を通ったときに、友人が

  • 韓国は以前田舎の農村だけだったが、日本が来て鉄道・港湾などのインフラを整えた
  • キリスト教、特にYMCAの役割が大きかった
という説を披露したので、拝聴した。(彼の父親は京都大学出ということで、割り引いて聞かねば...)。ついでに書くと、彼は農業博士で、私より3年くらい若くて、中国の東北地区でサツマイモを作り、北朝鮮に送るNGO活動をしていて、心が非常にいい。

そこから歩いてインサドン(仁寺洞)という韓国の伝統的なお店が沢山あるいまはやりのところへ行き、サンチョン(山村)という伝統料理屋で禅料理風の昼食。このあたりで歩いているのは、1/3くらいは日本人旅行客だった。さらに歩いて、キュンボックン(景福宮)という昔の宮殿へ行き、そこで15:45に偶然に衛兵の交代みたいな式(守門将交代式)に出くわした。ここは、前面にある日本時代の総督府が目障りだからといろいろ議論の末に最近取り壊したとこで、北の背後にプガクサン(北岳山)が見えるすばらしい景色のところで、私の見たところ、総督府はいい建物だったのかも知れないが、本当に目障りだったと思う。そこからはバスに乗り、トクスグン(徳寿宮)前のソウル市庁舎へ行き、これは大連にある関東州庁(いまの大連市役所)とそっくりで、左右に警察署と裁判所があるのも、大連とそっくりなのだが、いまみな外装工事中で、うまく見られなかった。そこで日本人ツアーグループに出くわしたので、韓国人ガイドの説明をもれ聞いたが、最近のサッカー試合の前にここでデモがあったとかのみで、上のような説明は一切なかった。

ここからはタクシーに乗り、途中あの文禄・慶長の役で水軍を率いて活躍したイ・スンシン(李舜臣)将軍の銅像、ソウル駅とその隣りのガラス張りの新駅(新幹線発着所)と、つい去年初めに気違いが火を着けて燃やしてしまった南大門の工事を車中から写真に撮り、三角地駅から地下鉄に乗り、2回くらい乗り換えて夢村土城駅へ着き、そこから歩いてホテルへ帰った。2日目の夕食は私がおごることにして、日本式牛肉のしゃぶしゃぶを食べた。鍋が海鮮と牛肉の2つの味付けに分かれていて、野菜も多くてよかった。

D.第三日目の朝、ソウルから大連へ 三日目の朝は、友人と会長さんが7:30に来てロッテホテルに送ってくれて、そこから10分おきに出ているリムジンで、丁度1時間かけてインチョン空港に着き、9:40発のアシアナ航空に乗り、50分後には大連へ着いた。ブルコギのような簡単な朝食が出たが、コーヒーはすみません出せませんということだった。実は、カメラを会長さんの車に忘れてきたのを、リムジンの中で気づき、インチョン空港で電話しようとしたが、うまくできなかったが、さっき大連へ電話があり、無事発見されて、来週友人が持ってきてくれるという。

これまで韓国へ寄らなかった理由は、韓国語ができないのと、ソウルをよく知らないからだった。今回の旅行で、ソウルの地下鉄にも慣れて(しかも65歳以上は無料!)、2つの空港の配置も分かり、有名な場所も大体分かったので、韓国語はこれから徐々に慣れることにして、これからしばしば韓国へ寄ろうと思う。特にソラクサン(雪岳山)には、いつかぜひ登ってみたい。 (2009.02.07.)

Another Short Trip to Seoul, Korea 2010

またまた韓国・ソウルへ超短期旅行 2010

ハワイ訪問の帰りに、ソウルへ2日間寄ってきた。大連住在の韓国人友人が案内してくれて、初日は東遠グループのIT関連子会社を訪問して、午後は大田市にある韓国電子通信研究院(ETRI)へ行って、「モット絶縁体」を研究している科学者に会ってきた。2日目は午前中LG関係の人に会い、午後は国立中央博物館(@龍山)を見て、韓国の歴史を学んできだ。 (2010.05.13.)

Stopping in Seoul on a China-Japan Trip 2014

中国〜日本旅行途中にソウルへ寄る 2014

この頃中国から日本へ行く途中は仁川/ソウル経由にして、帰りは航空会社がホテルを無料にしてくれるので一泊して、徐々に韓国を知るようにしている。始めは仁川空港近くの監獄のようなホテルで我慢して近くのスーパーでキムチなどを買っていたが、ソウルの目抜き通り「ミョンドン」(明洞)にあるロイヤル・ホテルへ泊まれることが分り、ソウル市内を一晩だけだが見物している。今回は仁川空港でホテル専用のバンが2時間後しか出ないので、1000ウォンで6015番バスに乗り、ミョンドンで下りて、イチョウが紅葉して真っ黄色にきれいになっている街中を5分位荷物をガラガラ引いて歩き、ホテルでは1000ウォンを払い戻してくれて、投宿。夕食、朝食付きなので夕食を下のコーヒーショップ「Le vert jardin」(緑の庭のフランス語はLe jardin vertだぞ!)で済ませ、 コンシエルジェに聞くと「セジョン(世宗)文化会館」(東京文化会館に相当)で19:30から伝統音楽&舞踏の公演会があるというので、出かける。ミョンドン地下鉄駅へ行くと乗車カード自動販売機に日本人がいたので手伝ってもらいカードを入手(駅名は英語のソウル地図で調べておくこと)。2号線から5号線へ乗換えて光化門駅で下りて、会場はすぐ駅の隣り。入場券は高くなく、満員状態の一番後ろに座ったが、音楽あり、踊りあり、2つの語りはさっぱり分からなかったが、中国で言葉が分からない「二人転」は観客の反応を見て楽しむ要領で十分楽しめて、同じく地下鉄路線でホテルへ帰る。翌朝は早朝にホテルの専用車で送ってくれて、朝食はサンドイッチをくれたので、車中で食べた。 (2014.11.12.)

To Asia Home Page - アジア・ホームページへ

To World Home Page - 世界ホームページへ

To Logos Home Page


Prepared by Yoshi MIKAMI on Feb. 7, 2009. Last update: Nov. 26, 2013.