Japan - 日本

I have been to 33 of Japan's 48 political subdivisions (prefectures). 日本には1道1都2府43県あるが、そのうち1道1都2府35県を訪れている。下記には住んでいた、あるいは働いていた場所により、信州時代、東京時代、横浜時代、神戸時代、川崎時代、藤沢・大和時代などの年齢順の言葉を使っている。

Japan

The Contents

日本

目次

6. Chugoku Region

6. 中国地方

Okayama Prefecture

岡山県

水島工場地帯と鷲羽山。神戸時代に、川崎製鉄水島製鉄所へ先輩のセールスに連れられて、厚板工場を見学にいった。このあと倉敷市と鷲羽山へ行き、瀬戸内海と諸島を見下ろすこの世とも思われないいい景色を見たが、その後瀬戸大橋ができてしまい、最近インターネットで見る写真はすべてこの橋の写真になっているのは悲しい。

岡山市。島根県のところで書いたように、東京時代に日本聖公会歴史研究会からの帰りに、広島市へ寄った後に岡山市へも寄り、後楽園と聖公会教会を訪ねた。

Tottori Prefecture

To Hamamura Hot Spring, Tottori Prefecture

鳥取県

鳥取県の浜村温泉へ

神戸時代に、毎年一回ラインレクリエーションとして泊りがけの旅行を会社が負担してくれて、その年はいい年で、営業のコミッションもはずんでいたので、それも多額に寄付してもらい、我々は年末のウィークエンドに営業課・SE課合同で、みんなで自家用車に分乗して(厳密にいえば、自家用車を社用に使うのは禁止されていたが)、神戸から姫路の方へ向かい、その手前で北へ中国山脈を越えて日本海岸へ抜けて、兵庫県から西へ鳥取県に入り、浜村温泉へいった。民謡「貝殻節」
何の因果で、貝殻漕ぎ習ろ〜た。
かわいやの〜、かわいやの〜。
色は黒な〜る、身は痩せる〜。
が有名なひなびた温泉で、芸子さんのこの踊りも見て(若い芸子が皿を落としたりして不真面目だったな!)、最高だった。この時に鳥取砂丘を少しだけ見た。

Climbing Mt. Dai

大山へ登る

島根県のところで書いたように、東京時代に、日本聖公会歴史研究会への行きに、ひとりで大山(海抜1,792m)へ登り、雨模様の天気で見晴らしはよくなかったが、頂上で多くのヒメシャラの木を見て、多分これが大山が女人禁制の神聖な山であった理由にひとつかなと思った。

Shimane Prefecture

島根県

Visiting Mt. Dai, Matsue, Lake Shinji, the Izumo Grand Shrine, Hiroshima and Okayama

松江、宍道湖、出雲大社へ行き、その前に大山、その後に広島、岡山にも寄る

東京時代に(1999年5月)、日本聖公会の歴史研究会で第10回歴史研究者の集いが島根県松江市で開かれて、私はこれに参加して、松江市、宍道湖、出雲大社などを訪れている。これに参加する前に鳥取県の大山(だいせん)へ登り、参加後に広島市と岡山市も訪れている。

Hiroshima Prefecture

広島県

広島市。島根県のところで書いたように、東京時代に日本聖公会歴史研究会からの帰りに、広島市に寄り、原爆記念館と聖公会教会を訪れて、その後で岡山市へいった。また別の機会に、マツダ自動車で利用しているデータベース・プログラムの宣伝に新型車(Demioだったと思う)の発表と絡めて取材に訪れた。

Fukuyama Integrated Steel Plant 福山市。神戸時代に、日本鋼管の福山製鉄所へ納入したコンピューターのFORTRAN言語のサポートに何回か行っている。また同工場の高炉へ納入したプロセス制御用コンピューターのサポートで3か月ほど貼り付けになった。工場入り口付近にストリップ劇場があり、初めて行った。ただし、名所の鞆の浦へは行き損ねた。

7. Shikoku Region

7. 四国地方

Ehime Prefecture

Matsuyama City

愛媛県

松山城。四国本土へは一度だけ12時間くらい、松山市に上陸している。神戸時代に同期の同僚が松山城で結婚式を挙げ、営業所の仲間と汽車で広島へ行き、高速フェリーで松山港へ着き、翌日の結婚式が終るとすぐに神戸へ帰ったもの。

Kagawa Prefecture

Shodo Island

香川県

小豆島。瀬戸内海に浮かぶ小豆島へ、神戸時代に会社の毎年のリクリエーションで、多分姫路からのフェリーで行った。意外と広い島だが一晩泊まりだったので、マルキン醤油の造穣所や寒霞渓などは見ていない。

8. Kyushu-Okinawa Region

8. 九州・沖縄地方

私は九州へは2度行っている。沖縄へは行ったことはない。

Nagasaki, Kumamoto, Oita, Miyazaki and Kagoshima Prefectures

長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島県

A Trip to Kyushu 1963

九州を旅する 1963

最初に九州へ行ったのは、大学4年になる直前の春休みの九州旅行で、小中学校からの友人である鈴木忠男くんと長野隆くんとで、当時国鉄が1か月有効の九州周遊券を出していたのでこれを利用して、あらかじめ各地のユースホステルを葉書で予約して九州旅行へ行った。東京からまず長崎へ行き、熊本、阿蘇山、湯布院、青島、霧島などを経て鹿児島へ行き、そこから船で種子島まで渡って、そこの最南端にある鉄砲伝来碑を見た。当時沖縄の日本返還は1972年なので、当時そこが日本のほぼ最南端だった。北海道旅行も参照のこと。

Fukuoka Prefecture

福岡県

2度目に九州へ行ったのは、神戸時代に住友金属工業の和歌山製鉄所にIBM 1050端末システムを導入することになり、福岡県北九州市にある八幡製鉄所で同種のシステムを使ってもらっていたので見学にいったもの。博多駅近くの飲み屋街「中州」とはどういうところか見に行ったのだけしか覚えていない。

Okinawa Prefecture

沖縄県

私は沖縄には行ったことがなく、いつか行ってみたい。

To Asia Home Page - アジア・ホームページへ

To World Home Page - 世界ホームページへ

To Logos Home Page


Prepared by Yoshi MIKAMI on November 28, 2004. Last update: July 11, 2016.