Japan: 3. Kanto Region / Kanagawa Pref. - 3. 日本: 関東地方/神奈川県

Japan

The Contents

日本

目次

Text

本文

3. Kanto Region

3. 関東地方

Kanagawa Prefecture

神奈川県

Working in Kawasaki, Yokohama, Fujisawa and Yamato

川崎、横浜、藤沢、大和で働き、西部の箱根などで遊ぶ

大学を出てから、私は日本では神戸で働いた短期間以外は、ほぼ神奈川県で働いて、現在もそこに住んでいる。

Kawasaki

川崎市

川崎時代米国での仕事から日本へ戻って、川崎駅のすぐそばにあった東京プログラミングセンターで、ホストコンピューター中心のオフィスシステム(電子メールと文書処理)を開発した時で、この時には藤沢市に住んでいたのでそこから通った。春には会社ぐるみで、夢見ヶ崎公園で桜の花見をした。

川崎駅脇の川崎事業所はいずこ?:日曜日は教会の帰りに、神奈川県図書館川崎分館(文学書中心の横浜本館に対して理工関係書籍を置いている)に行って、私の一番最初の本がすでに蔵書しているので今回の本を含めて残り3冊を寄贈してきた。川崎駅は以前に比べて格段にきれいになっていて、ここで私は1980年代後半に5年ほど勤めたことがあり、懐かしかったので銀柳街とかチネチッタとかも見てきて、駅に沿って日航ホテルの隣りのル・フロン(以前は右に丸井と左に西武デパート、今はBic Camera)の裏にIBM川崎事業所があり、ここは今風にいうとクラウド・サービス用の一大コンピューターセンターで(当時はサービス・ビューロー)、我々東京プログラミングセンターだけが最上階(10F)を占めていたところだが、そこはもうもぬけの殻だった。 (2013.05.27.)

夢見ヶ崎動物公園の花見:今週は鎌倉山、前日の引地川の花見に続いて、今日は横浜の大岡川桜まつりを見てから、南太田駅でまた京浜急行に乗り、横浜駅でJRに乗り換えて川崎駅まで行き、西口からバスで夢見ヶ崎動物公園へ行った。そこは田舎の桜見物風で(私が川崎に勤めていた4年間にはここで花見大会をやった)、動物園も初めて見たが面白かった。帰りに、川崎駅西口がLazonaというショッピングセンターになっていた中を、Bic Cameraに寄り、さらに 東口へ行き、そこは私が勤めていた所近くで、日航ホテルの隣の2つのデパートのうち西武デパートがヨドバシ・カメラに代っていたので(もうひとつは丸井デパート)、そこに寄り、ついでにヨドバシ・アウトレットにも寄るべく京浜急行川崎駅へ行き、そこから帰った。(2014.04.02.)

昔の仕事仲間が鉄鋼荘に集まる: 水曜日はもと勤めていた会社の、ある鉄鋼会社担当者の集まりが川崎の「鉄鋼荘」であって、始めて出席した。45名が集まり、私は実はその会社を担当ではなくて助けただけだった。助けたというのは、そこの本部でIBM System/360の売り込みのプレゼンに先輩のカバン持ちをした、その広島県福山市にある一貫製鉄所でプロセス・コンピューター1800のサポートに駆り出された、先輩からFORTRANが分からないから指導してなどとおだてられて、何回かいっただけだった。顔なじみと新しい顔の人々に会い、川崎の事務所には3年ほど勤めたことがあり、久しぶりに川崎駅へ降り立った感慨にふけった。 (2017.07.12.)

翌年、水曜日夕方、もとの会社の営業部(セールスとSE)でNKK(日本鋼管)&JFE(川崎製鉄と合併)担当者のOB&OG会があったので、一昨年に次いで二回目の参加。私は入社後4年間営業所に配属されて、横浜では日本鋼管(NKK)川崎製鉄所へSystem/360の売り込み(の先輩のカバン持ち!)、神戸営業所ではNKK福山製鉄所へFORTRANの指導(というより、質問者の話を聞いて彼が自身で誤りに気付くのを待つ!)で多少の貢献をしたという訳だ。場所は川崎駅そばの鋼友荘(多分NKKの所有)で行われ、私はその後開発研究所へ移ったので知り合いはほとんどいなくて、でも隣りに国連が中国の人口統計で設置したIBM System/360大型機のお守りで1982年から北京に滞在した人(小林慎太郎さん)が座り、しばし中国談義をしたりした。来年はJFE扇島製鉄所の見学もあるというので来たいが、オリンピックがあるので航空チケットが取れるか分からない。(2019.07.10.)

Sagamihara City

相模原市

初級中国語会話の講座。金曜日に、中国南昌で日本語を教えていた友人で、火曜日に横浜中華街へ集まった連中のひとり(堀江咲夫さん)が相模原で「中国語の初級会話」講座を去年からやりだして、私もそのホームページを作って応援していて、中国人の先生が来れないというのでサポートにいってきた。(行きは相模大野で下りてバスを利用したが、バスを待つ時間に相模原北口を見たが、Corridorなる繁華街と伊勢丹デパートができて様変わりしている様にビックリした。)私が大連で知り合った内モンゴル満州里出身の伊樺くんが近くの桜美林大学へ留学しているのを、友人も今年の春節行事に参加して知りあってこの会に招いたそうで、彼も入れてなかなかスムーズな内容の講座になった。

講座が終って「民芸」で食事をして、やはり大連で知り合った日本人中小企業診断士さん(柴崎等)とも話し、そのあと伊くんが桜美林大学を案内してくれて、この大学はクリスチャンの清水安三が同志社、続いて米国オハイオ州のOberlin College(欧柏林大学)を出て、1921年に北京に貧しい家庭の女子教育に崇貞学園(現在の北京市陳経綸中学)を設立したあと、戦後町田市・相模原市にミッション・スクールとして設立したという歴史を学んだ。(2016.02.19.)

Yokohama City

横浜市

横浜時代。社会へ出てすぐ横浜営業所へ配属になり、約2年をそこへ東京の家から通ったので、これを横浜時代と呼ぶ。仕事は横浜・川崎一円の製造業を担当するSEで、IBM System/360 Model 50売り込み(日本鋼管)、IBM 1440 FORTRAN(日本冶金)、Model 20のインストール(スタンレー電気)、Model 30(1401エミュレーター付き)インストール(モービル石油@横浜で初めて東京・大手町で)などのコンピューターのめんどうをみた。

大岡川桜まつり:前々日の鎌倉山、前日の引地川の花見に続いて、今日は少し遠出して横浜市へ行き、桜木町駅から紅葉坂から掃部山公園(井伊直助の記念公園)で桜見物。ここは以前横浜に勤めていた時に来たことがあり、横浜港が見えたと思ったが、いまは見えない。次に、近くの京浜急行・日ノ出町駅から南太田駅まで電車に2駅乗り、その週末に「大岡川桜まつり」(南区&中区、04/05-06)が行われる所を、蒔田公園(中村川が分流する所)の歩道橋から下流へ向かって歩き始め、ここは初めて行ったが、太田橋で近くのMiniStopで買った簡単な昼食を太陽光の下で食べて、長者橋まで桜見物をした。(2014.04.02.)

横浜中華街で懇親会。[FrCh](FriendshipChina)というもと中国滞在者10人位が参加しているメーリングリストのメンバー4人で、水曜日昼に横浜中華街の「馬さんの店、龍仙飯店市場館」で食事会を行なった。ひとりが上海、南昌を経て現在蘭州で日本語教師をやっていて、そうした経験の本も出していて、いま横須賀市に住む人の歓迎会で、活発に発言しているだ。私は日時を間違えて大いに遅れた参加だったので、中華街の海側にあるコーヒーショップ「エル喫茶」でみなさんへおごった。 (2016.02.17.)

キリスト教会・媽祖廟・関帝廟
日曜日は横浜のキリスト教会へ。パンとぶどう酒は新型コロナウイルスが流行っているので主教の指示でインティンクション方式(Wikipediaにこのページがなかったので、帰宅後作った)になり、信徒がパンを貰って口へ入れたあとぶどう酒をカップから飲むのは止めて、ぶどう酒に浸したパンを牧師が信徒の口へ入れてくれる。礼拝の途中、中国赴任仲間で同じ系統の教会の信者の堀江咲夫さんが亡くなったことが、奥さんの友子さんから電子会議室に入ってびっくりして、生前の厚誼に彼と神に感謝し、翌日に彼女へ連絡した。

教会では昼食も中止になったので、中華街へ下りて、媽祖廟わきの上海料理店「大三元酒家」でサンマーメンを食べてきた。関帝廟があるのは知っていたが、最近(2006年)媽祖廟ができたのを知らなかったので寄ったもの、30年前に台湾へ赴任した時、私は中国の歴史も漢文も習ったから中国文明はよく知っていると慢心していて、台北の関帝廟か媽祖廟で石を落としてその割れ具合での「ポエ占い」を初めて見て反省して、改めて中国文明を学びだしたもの。(2020.02.09.)

東急東横線の沿線。東急東横線は、中学卒業の時に慶応大学付属高校受験で来たことがあり(受かったがこの高校へは行かなかった)、社会に出てから横浜営業所へ通うのに毎日のように通って、将来はこの沿線に住みたいなと思った時期もあった。

東横線日吉駅付近:ゲーム会社「コーエー」が日吉駅の慶応大学と反対側にあり、大連ソフトウェアパークへの誘致活動の一環で訪問した。ゲーム会社はやはり上海を目指すので、無理か。(2004.03.xx.)

大連時代の先輩(牛島五郎)の家を訪ねた。東横線の日吉駅から坂を上がった所に住んでいて、この駅は慶応大学付属高校受験で来たことがあり、いまは大変大きな駅になっていてビックリした。駅ビルの「テルム」というイタリア料理店でパスタを友人と一緒に食べた。この先輩のホームページを私の使っている無料サイトに移動してあげているが、彼のWindows Live下のメールで「署名」欄に新しいサイトのURLを入れたいのに、どうしても旧来のURLしか出てこないのを直しにいったもの。2時間くらいいろいろWLをいじったが直らないので、URLを単語のかな漢変換の登録で「あいう」と入れると出て来る設定をして、めんどうだけど当面それをやってもらうことにした。 (2014.10.07.)

金曜日に昼食会が東横線日吉駅のレストランであって、牛島五郎・谷口恵さんと3人だけの集まりだったが、久しぶりに大連の話を聞いた。大連でもと勤めていた会社の2・3くらいが辞めるか、他の部署へ変わり、様変わりしていた。ハワイにいると中国人も少ないし、中国の話題も少ないので、久しぶりだった。 (2017.07.14.)

東急田園都市線の沿線。横浜市はとにかく広く、住民も多い。東急田園都市線は東横線のずっと後にできて、世田谷区を出て、川崎市・横浜市を通過して、神奈川県大和市へ来る。妻の実家が横浜の田園都市線沿線にあり、義理の親が元気なころは子供たちを連れてよく行ったが、義理の兄夫婦の時代になって疎遠になってしまった。

Yokosuka 2019

横須賀市 2019

軍港めぐり・長井漁港のうな健で中国仲間の昼食会・荒崎シーサイド・コース:金曜日は中国仲間が横須賀へ集まった。仲間の最年長者(牛島五郎さん)が、以前家の近くでやっていたうなぎ屋が消えたが、横須賀で「うな健」として開店したとあいさつ状が来たので、行ってみたいと言い出したので。私はそこに集まる前に、いい機会だから横須賀市をもう少し理解したいと思い、朝早くから横須賀の「東京湾側」をJR横須賀駅前のヴェルニー公園、ドブ板横丁(米軍基地入口の国道16号線向かい)、三笠公園などをうろついて、11時からは「軍港めぐり」の船に乗って米海軍・海上自衛隊の艦船を見てから、京急の汐入駅から横須賀中央、堀ノ内、YRP野比、三浦海岸などの駅を経て、終点の三崎口駅へ向かった。

うな健は三崎口駅から荒崎公園行きのバスで20分かかる「相模湾側」にあり、不断寺バス停で降りてすぐ。目の前が長井漁港で(対岸に江の島などが見えた)、刺身二皿と私は1.5人分ウナ重を食べながら(ウナギは台湾でなく、静岡県/愛知県一色)、中国語仲間6人が働いた大連および南昌、さらに様々なことを議論し、大変愉快だった。それが終ると、私だけはバスで荒崎公園へ行き、午後4時から荒崎シーサイド・コースを歩いた。そこは何十年も前に子供たちを連れていった所で、しかし結構タフな岩場コースで、「軍港めぐり」ではほぼ干潮時といっていたから6時間後の満潮時で歩きにくく、足でも挫いたら海岸で野宿かなと思い、半分位歩いた所の「ソレイユの丘」のフェリス・ホイールが見える所でリタイヤ。

バスで三崎口駅へ戻り、京急久里浜駅でJRへ簡単に乗り換えればいいのを知らずに、神奈川八景から逗子へ戻り、そこでソバを食べてからJRに乗り換えて、やっと夜8時少し前に帰宅した。私はこれまで横須賀市には車で何回かいったが、町を見るのは初めてで、また京急に乗るのは初めてで、品川〜三崎口の本線以外に、支線が浦賀へ行ったり、逗子へ行ったり、羽田飛行場へ行ったりする複雑さと、JRへはどこで乗り換えるかを、やっと理解した気がする。(2019.07.19.)

Hayama City

葉山町

葉山には御用邸があるが、独特な景色の長者ヶ崎には独身のころ何回か行ったことがる。
Zushi City:

逗子市

森戸海岸で孫と遊ぶ。日曜日、小雨は続いたが、しばらくして雨が上がり、前日から泊まりに来ていた東京の娘と孫を連れて湘南海岸を横須賀市までドライブして佐島マリーナ近くの「神代島自然教育園」まで行ったが、なぜか閉鎖されていた。仕方なく逗子市の森戸神社に駐車して、森戸海岸で十分遊んだ。しばらくして小雨が降り出したので切り上げて、海岸道路(国道134号線)に面した大衆食堂「まるわ定食」(背後は披露山)で昼食して、帰路についた。(2020.06.15.)
Shonan Sea Coast, Tanzawa Mountains and Hakone 鎌倉・湘南海岸・藤沢・大磯・小田原・丹沢山塊・箱根は神奈川県が誇る観光地で、家の近くなので何度も行っている。湘南海岸は、以前はカヌーを漕いで東の逗子海岸や大磯・小田原海岸まで行ったり、自転車で東へ相模川まで行ったり、最近は独りであるいは友人たちとゆっくり散歩したりしている。

Kamakura

鎌倉市

鎌倉:天園ハイキングコース。5月中旬の火曜日に、以前勤めていた会社の先輩と北鎌倉駅で待ち合わせて、鎌倉の町の北側の山路をめぐる天園コースを歩いてきた。全体で10キロくらいになるコースで、明月院の横から山路へ入り、晴天下の太陽を浴びながら天園という所で手製のおにぎりも食べて、鎌倉宮へ出て、そこから鎌倉駅まで歩き、結構楽しめた。私は以前の会社では大型コンピューターに接続・使用される表示端末機シリーズの開発部門で15年くらい仕事をしていて、途中で他の部門へ移ったので、この先輩はその後退職するまでその部門にいたので、いくつかしっかり思い出せないことを聞きただした。(これらの端末機の詳細はWikipediaに載せている。)また最近彼の紹介で、その頃の米国の同僚たちにも連絡が取れ、彼らが日本へ来た時に一緒に鎌倉の八幡宮へ寄り、端末機の開発が成功するように絵馬を奉納したり、ひとりは東京で石灯籠を買ったので、重い石灯籠を本当に持って帰ったかも聞いたりしたので(本当に持って帰っていてニューヨーク市北郊外の自宅の居間に置いてあるという)、こんな話題も天園コースを歩きながら話した。鎌倉にはこれ以外に町の東側の山路を歩く大仏・銭洗い弁天・極楽寺コースがあるので、近々行ってみよう。 (2013.05.14.)

鎌倉:源氏山・大仏ハイキングコース。上と同じ月の土曜日にここへもひとりで行って歩いてきた。JR北鎌倉駅から県道を少し歩いて浄智寺から南の源氏山公園へ上がり、ずっと山路を歩いて、銭洗い弁天で団子とお汁粉で昼食。鎌倉大仏へ下って、街中を歩いて長谷観音へ出て、そこから成就院でアジサイ(紫陽花)と由比ヶ浜を眺めて(明月院のアジサイほどではない)、極楽寺から江ノ電に乗って江の島へ出て、歩いて自宅へ帰った。昔子供たちと一緒に桜の花の時期にいったことはあったが、久し振りのハイキングコースで、次週の新疆旅行の身体訓練をしたつもり。 (2013.06.01.)

鎌倉山の桜が満開:今週の大半は、満開になりだした桜の花の見物に費やした。まず月曜日は、妻と車で近くの鎌倉山へ行き、駐車して、夫婦池公園を下りて、上がってきた。(2014.03.31.)

天風会の体操と行修会。ハワイで天風会(ヨガ)の体操に参加を始めたので、日本での夏の日曜日、家の比較的近くの江ノ電・江の島駅から簡単に行けるので、早朝8時からハワイの会の親支部「天風会鎌倉の会」の活動に参加した。まず体操は妙本寺という、頼朝の子供の乳母で足利氏により滅ぼされた一族の敷地で、当時盛んだった日蓮宗の寺だったために生き残ったという歴史ある寺の大きな谷戸にある感じの所で行われ、そこの本堂の手水の脇のカエデの木陰に30人くらいが参加しただろうか。このお寺は行きには30分もかかって探したが、簡単な行き方は若宮大路の郵便局・スルガ銀行の間の小道へ(東へ)入り、右手の本覚寺(同じ日蓮宗だ!)へ入ってその正門を出て滑川を渡ると、真っすぐ前の道の向こうに妙本寺がある。

体操に続いて9時半から鎌倉商工会議所(JR鎌倉駅西口にある市役所の向かい)の会議室で「行修会」が行われて(鎌倉代表は天風会本部へ出張中)、講師が寺崎守孝さんで、ひとりマッサージが寺崎しずさん(鎌倉の副代表)で、ケーススタディーでグループ議論もあって(やっと一つのテーブルを見つけた混んだレストランで、ウェイターが頼んだビールも料理もなかなか持って来なかったら、あなたはどうする?)、ハワイ支部へも行ったこともある竹内美穂さんに会ったりして、なかなか面白かった。 (2019.08.04.) 

以下は、その時の私の携帯へ入れたノートから:鎌倉商工会議所102会議室
1.寺崎守孝講師:クンバハカ(肩の力を抜いて下腹と肛門を締める)、養動法、安定打座=無念無想<-多念多心-集中=一心。2.寺崎しず鎌倉副代表:ひとりマッサージ。3.寺崎守孝講師: (会報『志るべ』9月号の「暗示の分析」について)心身統一法(積極へ)、体操、養動法、感応性能の積極化、安定打座。1、観念要素のこうかいほう、2、積極観念の養成法 a、内省検討 b、暗示の分析 c、対人精神態度 d、取り越し苦労厳禁 e、正義の実行、3、神経反射の調整法

西鎌倉の広町公園でホタル狩り: 鎌倉市が藤沢市に接するあたりを西鎌倉と呼んでいて、もちろん海岸線もあるが、そこから少し入ると谷戸や森林などなど手つかずの自然が残っている「広町公園」という土地っ子だけが知っている所がある。ホタルの季節なので、夕食後にハワイから来ていた孫たちにホタルを見せにいってきた。そんな多くは飛んでいないが、暗い夜道を「ホッ、ホッ、ホタル来い。あっちの水は苦いぞ、こっちの水は甘いぞ。」と皆で歌いながら、童心に返ってホタル狩りをした。近くの植物の葉に留まっているホタル一匹を見かけたので、両手で捕まえて、上の孫にも持たせて観察させて、しばらくして放させた。私の子供のころの長野県の田舎ではホタルが田んぼの上を乱舞していたが、その後都会へ来て見なくなったが、子供ができてからはこの広町公園へいったり、仕事上の先輩と箱根の川へ見に行ったり、横浜のこども自然公園ではホタルの群れが同期して光を放っているのを見たことがあり、梅雨の頃はホタル狩りがかかせない。 (2014.06.12.)

広町公園を散策:新コロナウィルス猛威を振るう初春の水曜日、快晴だったので。近くの広町公園へ妻と散策に行ってきた。記録に「9:20家を出発、9:30 Coopに駐車、9:45広町公園入口、外周路を歩き、11:30入口へ戻る、11:45 Coop、12:00帰宅」とあるので、1時間45分の公園散歩だった。この公園の入り口あたりは、以前夜に孫たちを連れてホタルを見に行ったことがあり、鎌倉・藤沢で一番自然が残るところで、脇に置か和が流れる谷戸(やと)を抜けて、丘へ上がり、大桜・大桐などを経て、相模湾を見下ろし、富士山を望み、いい散策路で、今回は桜が満開で最高だった。去年の台風で10カ所位に倒木があったが、全て処理されていて、鎌倉市の管理には感心した。(2020.03.25.)

Working in Fujisawa & Yamato

The 5th Asian BBS Conference in Fujisawa 1993

藤沢市(&大和時代)米国留学から日本へ戻って、藤沢市にできた製品開発研究所で(後に大和市へ移転)働いた時代で、初めは東京で、その後は藤沢市南部へ引っ越した。

第5回アジアBBS会議 in 藤沢 1993

引地川の桜1):前日の鎌倉山花見に続いて、今日は小田急の湘南台駅へ行き、そこから引地川の湘南台高校(湘南台橋)から1km弱下流の曲がった所(円行新橋)までを、両岸の桜の花を見ながら2時間ほど歩いた。(帰りがけに、藤沢市中央図書館にも久し振りに寄った。)。(2014.04.01.)

引地川の桜2):藤沢市には比較的大きな川が2つ南北に流れて相模湾へそそいでいて、家の近くの江の島近くの境川と、もう少し西の引地川。小田急江ノ島線の湘南台駅近くの引地川の中流に桜が植えられているので、月曜日午後になって今年もまた見にいった。湘南台高校の北側から円行公園まで歩いたもので、川の水辺へ垂れ下がる桜花がきれいだった。湘南台駅への帰り道を近所の女性に聞くついでに、「きれいな所に住んでいますね。」といったら、「いや、桜の花が咲き終わると、葉を食べる毛虫が出て、桜並木の下を歩いていると頭や首筋まで落ちてきて、大変。」ということで、実は我が家にも桜の木があったが、毛虫が出てイヤだと妻が切ってしまい、男性は毛虫を余り気にしないが女性は大嫌いなのを再度思い知らされた。円行大橋にキタムラ・カメラがあり、ニコンのCoolpix S610(NFC接続機能あり)というのもいいなと調査して、また円行公園にはめずらしく大勢の子供たちが遊んでいて、見事な竹林の中でタケノコも生え出しているのも見て、また駅の反対側で湘南台公園へも寄ってから帰宅した。 (2015.04.06.)

新林公園: 日本の我が家から5分ほど歩いたところに、藤沢市の自然あふれる新林公園があり、そこで午後散歩してきた。公園の下部に旧小池邸という江戸時代末期の名主の家が移転されていて、手入れをしている人がいたので、彼が説明してくれて、ゆっくり見る機会があった。興味あったのは、この家は私が戦時中から戦後にかけて長野県の農村に家族疎開で住んでいた家にそっくりだったことだ。入り口が土間になっていて、そこに洗い場とかまどがあり、そこから板敷の今に上がるといろりがあり、座敷と客間もあって、2階に上がる階段もあり、かまどと囲炉裏からの煙が家の屋根のカヤをいぶり、虫よけになっている。こうした家が日本の農村では太古の昔から60年前くらいまで標準だったのが、今はほとんどなくなってしまった。ここはいい保存状態で、感心した。(2012.10.16.)

2014年2月の大雪: 先週金曜日は朝から雪になり、夕方までに前週末に続いて大雪になり、交通は大問題になった。午後は雪が降りしきる中を、新林公園のヒノキ林までいってきた(詩「雪の片瀬山の森にて」を参照)。翌朝までには雨になると予報が出ていたが、少し雨があっただけだった。土曜日午後は近所総出で、道路の雪掻きをして、腰が痛くなった。近くのスーパーまで買い物にいったが、まだ雪?きを十分していないところ、水分を含んだ雪が水たまりをなしているところがあり、スニーカーがズブ濡れになってしまった。 (2014.02.14. & 15.)

新林公園を孫たちと散歩: 先週の木曜日は、孫たちを連れて娘と近くの森林公園(新林公園)へいった。林の中を歩いて、さらにヒノキ林を下って登り、「獣落とし」(ししおとし)の穴の跡を見て山道を下ると、下の平地にある江戸時代の屋敷を移設した茅葺の屋根の家を見る。そこからしばらく登って「冒険広場」で、上の子はロープウェイに滑車でぶら下がったり、ジャングルジムで遊び、下の子はウロウロそこらを走り周り、遊ばせた。近くのパン屋で買ったサンドイッチを食べて、よく晴れた日の太陽を沢山浴びて帰ってきた。 (2014.05.22.)

Hikiji River Park & Oba Castle Park 2020

引地川親水公園と大庭城址公園 2020

家へ一旦帰ったあと、藤沢市の桜の名所めぐりもしようということになり、海岸通りの国道135線へ出て、松波から引地川下流の土手にある桜の花を見て、さらに皮を遡って内陸へ向かい新しい「引地川親水公園」の桜を見て、ここは黄色の菜の花も沢山あり、きれいだった。(ひとり川辺へ下りたら、昔信州の疎開先では春一番に川辺でネコヤナギの芽を取って家へ持って帰ったとか、台湾では旧正月に梅の花とネコヤナギの芽をかざったとか、を思い出した。)

近くに大庭(おおば)城址公園があるはずと探すことしばし、やっと探し出して丘を登ったら、ここも桜が満開で、大いに楽しんだ。近くに「湘南ニュータウン」があり、サイゼリアでピッツァを食べて、向かいの大庭市立図書館へ寄り、ここには私の本『大連の春』も寄贈してあるので、これを確かめて、Japan Times付録のNew York Timesを読んで、午後二時ころ帰宅したが、長らく不在だった藤沢・鎌倉の桜名所を妻に案内してもらった。(2020.04.02.)

Kugenuma: Lotus Ponds

鵠沼:蓮池

鵠沼の「はす池」へ、早朝から妻とハスの花を見に行った。第1池の白色のハス(舞妃蓮=まいひれん)は半分が開花していて、カルガモの親子も遊んでいる。第2池のピンクのハス(誠蓮=まことばす)はまだ開花していなかった。境川の蛇行がこの池になったようで、鵠沼のこんなところがあるのは知らなかった。(2020.06.13.)

Viewing Around the Fujisawa City Hospital

藤沢市民病院からの眺め

梅雨が7月末まで長引いた2020年の8月初旬、藤沢市民病院に一週間ほど入院した。ヒマを持て余し、最上階に住んだので「藤沢市民病院の眺め」を書くことにした。

藤沢市は神奈川県中部の都市で、海岸から1キロほど北を旧東海道が東西へ通り、そこの旧藤沢宿から少し北に入った所に1971年創立の市民病院がある。 この旧東海道部分は正月の箱根駅伝で遊行寺の坂を下りて藤沢橋で境川を渡る所で、その際は病院の人たちも応援に行くものと思う。藤沢宿は復元が進んでいて、そのあたりは電柱が取り払われていて気持ちがいい。往時、この病院の敷地は徳川家康の「藤沢御殿」だったはずで、その広大な敷地に病院が建ったと思うが、はっきりとは分からない。

病院は今エントランスホールを挟んで西館と東館で合計500ベッドの病棟はあり、1?2階は外来診療。病院の周りはほぼ二階建ての個人住宅なので、眺めがいい。私はこの病院の東棟最上階8階の南側の四人部屋の窓側だったので、南側がよく見える。眼下を藤沢バイパス(国道1号線)が通り、車の往来は時間にかかわらず多い。バイパスの橋の下を勢いよく流れる境川が大きく蛇行していて、上流に横浜水道水路橋、湘南台の境川遊水池公園があり、遠くには横浜ドリームランドとホテルエンパイア(現在は横浜薬科大学)と周辺の住宅地が見える。境川の東側脇に藤沢清流高校・大清水中学校&小学校があり、境川の西側は自転車道路になっていて、川は遠く町田駅を越えて相模湖近くが水源で、往時は相模国と武蔵国の境だったので、この名がある。

眼下のバイパスのすぐ向こう側に2メートル位の高さの石垣の下に池があり、いまハスが満開で、この池は多分境川の昔の蛇行部分が取り残された、鵠沼に2つある蓮池と同じものと思う。その隣りに滑り台やブランコを備えた小公園があり、午後になるとお母さんが幼児相手にサッカー遊びをするのが見え、隣りに病院職員の駐車場もある。目をさらに西へ転ずると近くに湘南長寿園病院の建物が見えて、遠くの丘の上に緑に包まれた聖園(みその)女学院があり、これはドイツの中西部から来た聖園テレジア会が経営している。こうして、病院の南側は東京?横浜の郊外都市らしく、緑が多い。

北側は、私がいる東棟の南側のAセクション廊下からエントランスホールを見下ろし、右に西棟(Cセクションがある)を見るようにしても見えるが、一番いいのは8Bスタッフステーションの前を抜けて北側のBセクションの8階ロビーに行くと良~く見えて、病院前の車寄せでバスやタクシーの発着を見下し、すぐ向こう隣りに妙善寺があり、旧東海道の向うには常光寺の緑地が見える。

そのずっと南は藤沢駅近くの商店街で、最近は住宅用ビルが増えてきて、そのずっと西は境川下流を越えて片瀬山の丘を望む。南側の正面遠くには江の島があり、そこから茅ヶ崎方面へ続く相模湾が見えて、また江ノ島の後方に伊豆大島がかすかに見えることもある。その右手前に大きな通信タワーがが見えるのは、藤沢警察署か湘南工科大学だろう。

西側は、やはり8階ロビーからで、藤沢バイパスが西方へ伸びて、白幡神社から町田を経て八王子へ向かう国道436がバイパスの下をくぐっていて、そのあたりに藤沢市の石名坂最終処分場と水泳プールがあり、向こうに小田急江ノ島線の橋が見える。右遠くの大きな茶色のいかついビルは、文教大学か慶応大学かな。晴れていれば富士山と箱根が見えて、右手には丹沢山塊が近いので見えることが多い。

東側は、朝焼けや遊行寺がよく見えるはずだが、8階Aセクションなので行けない。5日目になって8Aスタッフステーションの前を通ってこっそり見たら、隣りに藤沢市立看護専門学校を見下ろして、境川の向こうにテニス場があり、さらに向こうの丘は遊行寺から続く緑豊かな感じだった。(2020.08.06.)

Chigasaki City

茅ヶ崎市

Walking the Countryside from Chigasaki 茅ヶ崎から藤沢へ里山散歩。先週月曜日は、もと仕事上の同僚(安藤敬夫さん)と二人で神奈川県の中央部の里山歩きをしてきた。茅ヶ崎駅で10時に待ち合わせ、そこから出ている相模線で2つ先の香川駅で10時半から歩き始めた。まず熊澤商店(湘南ビールの発売元)へ寄り、11時半からしかレストランは空かないというので、ずっと相模平野の田舎道を歩き続けて、茅ヶ崎里山公園(県立)というこのあたりの典型的な里山を散策した。公園内は森と田んぼがあり丁度刈りいれた稲穂を干していて、「谷(やと)の家」(このあたりでは「谷戸」とは書かない)という古い木造農家の家屋を再現した所で持参したオニギリの昼食。

公園から出るとすぐ、相模川へ流れ込む小出川の両岸に彼岸花が満開を少し過ぎた時期で、彼岸花と農家の刈りいれ写真を撮りながら歩いた。さらに歩いて慶応大学湘南キャンパスを大回りさせられて、今年は9月末まで暑い日が続いた中で疲れ果てたが、友人は大学入り口で若い女学生を見たら元気がでたというのは冗談だったのか。さらに歩いて、私らが40年前に勤務した端末機開発研究所がある工場へ寄る途中でそのあたりに住んでいるもとの同僚(窪田正明)にも出遭い、この工場はその後ハードディスク(HD)の専門工場となり、それから日立のHD部門(HGST)へ売られ、さらに最近部門ごとウェスタン・ディジタルに売られたことを彼から聞いたりして、その工場の外形は我々が勤務したころのままで、看板だけがHGSTとWD両社の名称で立っていた。小田急線の湘南台駅へ午後3時半に疲れ果ててたどり着いて、この駅は相模線と地下鉄が乗り入れ、慶応大学生も大勢出入りして、昔と比べて様変わりした感じ。結局藤沢駅まで行き、私の行きつけの地下のソバ屋「ながつか」で15キロ・4時間に亘る里山歩きに祝杯を挙げた。(2013.09.30.)

Oiso Town

大磯町

大磯散歩: 以前3・4回いったことがある大磯町をまた散歩してみたいと思っていたので、金曜日に雨が上り、陽が指してきた午後に『神奈川さわやか散歩』の本を片手に行ってきた。JRの電車で4つ目の大磯駅で下りて、跨線橋から北側へ回ったのが1時半。まず湘南平の高台の一部の高田公園へ急坂を登って、大磯の町と相模灘を見下ろす風景を見て、下ってJR東海道線をくぐって島崎藤村旧宅を見学した。信州生まれの母が『若菜集』から始まって大の藤村ファンだったこともあって、そこの係員と「信州生まれで東京に長らく住んでいた文豪が、晩年になぜ大磯に住んだか?」の雑談をして、毎年1月14日夜に行われる左義長(ドンド焼き)を見て気に入って決めたのではないかという私の推察が正しいことを確認し、私も以前大磯に住む友人と各部落が集まって海岸で一緒にやるドント焼きを見て感激したことがあると話す。

次に、国道1号線へ出て旧東海道松並木を歩いて、「滄浪閣」から西湘バイパスをくぐって「こゆるぎの浜」(万葉集に出てくる歌で有名で、平塚から小田原の海岸をいうらしい)へ歩く途中で、大磯町のガイドをしている人に会い、いまは固定資産税逃れの駐車場がおもな業務の滄浪閣は伊藤博文の住居跡で、そのあたりは「元老街道」と呼ばれ、沢山の政治家・実業家の別荘地帯で、などと説明してくれる。以前友人と見にいった大磯海岸のアオバトはいまも来ているとも説明してくれたが、湘南平はタカの類が南へ渡る前の集合地だとは、知らないようだった。

海釣りの人たちがまばらに見える勇壮な海岸を歩いたあと、また西湘バイパスをくぐって1号線へ戻る時に、防風林の手入れをしている人たちが「いいカメラを持っているね。」と話しかけてきて、そこに黄色の花が咲く(実を付けた?)ウメモドキが珍しいから持って行けというので、貰ってきた。次に「旧吉田茂邸再建基金」の宣伝がかかる町役場の隣りの「鴫立庵」へ寄り、ここは西行法師が「心なき身にもあわれは知られけり鴫立沢の秋の夕暮」と詠んだところと伝えられている。鴫立沢の水音がいい庵だが、狭くて暗くて好きではなく、そこにある「湘南」という言葉な大磯が発祥地という石碑は、藤沢人としては納得いかない。さらに国道を歩き、大磯宿跡を通り過ぎて、井上蒲鉾店でハンペンを買い、高価なのですぐ反省。湘南信金で駅方面へ曲がると地福寺があり、島崎藤村と妻の墓がある。以前父を案内した時に、ここと駅前のコーヒーショップへ寄ったことがあるのは覚えているので、町立図書館をのぞいた後、駅前広場にレストラン「風月堂」があったので、パンケーキ付コーヒーを取る。文化の日に湘南国際マラソンがあるので、「大磯宿場祭り」もそれを避けて11月第3週に延期したなどの雑談に合いの手を打つ。隣りの歴史あるらしい風月堂洋菓子店は閉鎖していて、このコーヒーショップも10年前に持ち主が変ったそうで、そこも5時には閉まるというので、閉店直前にそこを出た。駅前のエリザベス・サンダーズ・ホームの聖ステファノ教会へ以前長野聖救主教会に人たちと隠れキリシタンの遺品の展示を見たことを思い出したが、そこへ寄る時間はなく、鴫立沢の係員が新聞紙につつんでくれたウメモドキをかかえながら電車で帰宅した。 (2014.10.24.)

Hiratsuka City

平塚市

平塚の写真展と小田原の梅林:火曜日に、仕事上の先輩が素人写真家グループ「フォト四季」に属していて、平塚市美術館で写真展をしたのでいってきた。20人くらいが各自3〜4点を出していて、1年間の総仕上げらしく、素敵な標題でいい写真が沢山あった。平塚市にはこの美術館以外に近くに博物館もあり(競輪場があるので、それが盛んだったころの資金で建てたという)、時間があったのでいってみた。2Fにサイトバライという展示があり、街中では道祖神を祭る「お仮屋」を建てる習慣がある。ボランティアの説明員へ聞いたら、彼は田舎出で、平塚市城島(きじま、厚木小田原道路にまたがっている)の城所地区(南側)に、私が子供時代に経験した北信地方と同じようなドンドヤキをやるといい、私は一度いってみたいと思う(平塚駅からバスもあり。)

それから先輩の車で移動して、小田原市下曽我の梅林を見にいった。そこで梅を採る農家が梅畑を開放しているもので、梅の花は盛りをすぎていたが、梅の花の香りがただよい、今年は2月に大雪が降って開花が遅れたので3月5まで開放するという。久しぶりに搗き立てのモチ(アンコとカラミ)や甘酒を食べて、花より団子の体で、大磯駅で解散した。(2014.02.25.)

Odawara City

小田原市

小田原市は独特の文化を持っており、藤沢南図書館主催の「小田原文学散歩」で、小田原城・小田原梅林・北原白秋の「からたちの花の小径」などへ行っている。

小田原文学散歩と北原白秋: 藤沢南図書館で「小田原文学散歩、白秋のからたちの花の小径」というイベントを先々週見つけたので申し込み、先週火曜日は午後に図書館の会議室で受講者24人の講演へ出て、翌水曜日には小田原で実際に散歩をしてきた。火曜日の講演は午後1時半から2時間行われて、講師は島津勝昭さんという方で、本業はお茶を濁していたがこうした文学散歩を有隣堂(神奈川県の本屋チェーン)の文化講座などでも手広くやっているようで、小田原文学館館長が書いた「童謡の故郷、白秋山荘」を資料として配って説明があった。我々の世代は北原白秋作詞・山田耕作作曲の童謡を沢山知っているので、大変興味があった。

水曜日は朝9時半に小田原駅に集合して、講師の案内でみんなして北原白秋ゆかりの場所を歩いて、城山公園で持参の昼食。そこは小田原駅の山側で、箱根登山鉄道の湯本駅に至る国道の右側の山の中腹にあり、「からたちの花の小路」(何の変哲もない小路だが、ある場所へ来ると丹沢山塊から江の島方面へのすばらしい眺望がある)と、彼が住んでいた伝筆寺(でんじょうじ)が主だった。このあたりは明治末期から大正時代にかけて宮家(閑院宮など)や大企業(山下汽船など)の社長などが別荘を持ったところで、圧巻は清閑亭という別荘で休憩してコーヒーを飲んだが、小田原の町と相模湾・三浦半島から箱根の山を見下ろすすばらしいところだった。

帰りに私は途中グループから分かれて「ウイロー」(外郎)を買いにいったが、ういろう本舗は水曜日で休み。そこから小田原駅まで歩いて、途中小田原城で菊展をやっていたので、そこへ寄って帰った。(ああいうとりすました日本の菊展は好きでなく、以前南京で見た菊展が華やかでよかった。)この神奈川県藤沢市に住んでいると県庁所在地の横浜は、私は社会へ出てすぐ横浜営業所で働いたのでよく知っていて、県内のその他の大都市では川崎もそこで働いたことがあり、まあまあ知っているが、小田原はいつもバイパスを抜けて箱根・伊豆などへ行くだけで、ずっと以前に寄った郊外の梅林以外はよく知らなかったので、北原白秋・山田耕作の話にひたって、私も日本人だなと感じるいい時を持った気がする。 (2013.11.13. &-14.)

小田原散歩:国立印刷局小田原工場の桜など: 土曜日は強風で雨模様という天気予報だったが、もと仕事関係の先輩を誘って、国立印刷局小田原工場の桜を見にいってきた。まずJR早川駅で待ち合わせて、歩いて2・3分の早川港の毎週土曜日の朝市へ行ったが、9時に始まった市が9時半にはほぼ終っていた。そこから早川橋を渡って小田原文学館へ寄り(250円、そこの北原白秋館の童謡の展示が多少面白かった)、国道1号線とJR東海道線の交差点へ出たら、そこの片野屋呉服屋で「豆相人車鉄道」(前世期始めに小田原まで来ていた鉄道からさらに人力で押す「人車鉄道)で熱海まで行けた)と小田原の歴史を説明してくれて、手間取った。「ういろう」本舗へ寄って2箱買い(以前藤沢でも買えたがこの20年位は買えなくなった)、さらに歩いて小田原城の満開の桜を見て(「小田原おでん祭」をやっていた)、和食レストラン「だるま」で30分も待って昼食中、先輩から私の本のコメントを3つ貰った。それが終ってバスに乗って鴨宮駅方面へ行き、印刷所前で下りて、国立印刷局小田原工場の桜を見た(小田原市総合ビジネス高校のブラスバンドの演奏会があった)。大阪の造幣局の桜並木通り抜けは有名だか、昭和16年に始まったこの工場の桜もなかなかのものだった。(2015.04.04.)

箱根・石垣山一夜城跡ハイキング: 木曜日は寒い風が吹くがいい天気になったので、箱根の一夜城へ妻といってきた。カレンダーに「8:15出発、850清掃バイパスのパーキングでトイレ、920一夜城1040、小田原早川漁港(さかなセンターの海雅Kaiga)でランチ1140、1230帰宅。」と記録があり、湘南バイパスを小田原早川出口から出て、小田原の西の小山へ向かい、河津桜が満開の駐車場に車を置いて、石垣山一夜城跡をハイキングしてきた。本丸の物見台からは、北は小田原の町から湘南の海岸と相模灘を見下ろし、二の丸の展望台からは西に丹沢山塊の大山からぐるっと箱根の神山などを見渡すことができ(東と南は見えない)、秀吉が小田原攻めの時にひそかにここへ城を築き、ほぼ完成した時に付近の森の木々を伐採して、一夜にして城を築いた風に見せかけたら、小田原の兵士たちは肝をつぶして戦意を失って、続く戦闘で連敗したという伝説のある、現在は小田原市立公園。

下山後、早川港へ寄って「さかなセンター」で寿司を食べる予定が、木曜日は休みで、レストラン「海雅」で食べたランチは冷凍品でいまいちだったので残念。(2020.02.17.)

Climbing Tanzawa Mountains

丹沢山塊で山登り

私が住んでいる神奈川県は北側に丹沢山塊があり、丁度東京人が中央線/西武線で高尾山/秋川渓谷などに行くように、我々は小田急線で丹沢の大山や鍋割山や宮ヶ瀬ダムや丹沢湖などへ行く。丹沢は私が藤沢研究所に勤めていたころ毎年5月に丹沢集中登山があり会社の同僚たちと登っているし(当時私は参加しなかったが丹沢ボッカ駅伝競走大会が毎年初夏にあり、我が工場・研究所グループも参加して、同僚の佐藤和夫さんなどがIBM JXと発電機を山に運んでBASICで組んだプログラムで大会集計に協力していたのは楽しい思い出だ)、東京・箱崎に勤めていたころもLAMN山登り会で塔ノ岳に登っていて、そのコースは下りがダラダラと長かったことを覚えている。

二ノ搭・三ノ搭・塔ノ岳 1)。2012年真夏に、丹沢へ山登りにいってきた。この日はいつも通り家でオニギリ・卵焼きを作っていたら出足が遅れてしまい、8:40ごろ小田急線秦野駅で降りてヤビツ峠行きバスに乗ろうとしたら(下の注参照)、最終バスがなくなっており、タクシーに乗ったら4千円もかかってしまった。注:丹沢にはヤビツ、ユーシンなど不思議な名前がたくさんあり、以前朝鮮の新羅と戦って敗れた任那・高句麗の人たちが神奈川県に亡命してきた歴史があり、その頃の名前が残っているという説を私は信じている。

9:40にヤビツ峠から登山を開始して、二ノ塔・三ノ塔を抜けるいわゆる表縦走路「表銀座」を歩き、この日は下界が35度位に達する暑い日だったが、山は霧が出て涼しく、そのおかげで富士山は少ししか見れなかった。14:10に塔ノ岳(1491m)に達し、少し休んで、14:30に下山を開始して、以前経験した通りに眺めがいいがダラダラした山稜を歩いて、17:00過ぎに大倉へ着いたらそこに待っている感じの渋沢駅行きバスに乗って、相模大野・藤沢駅経由で自宅に帰ったのは19:00過ぎになった。登山コース上は6時間のところを、ほぼ連続で7時間かかって歩いたので、リュックサックもカメラも汗だらけになり、もう疲労困憊して、翌々日まで足が少し痛かった。 (2012.08.16.)

二ノ搭・三ノ搭・塔ノ岳 2)。 2014年の秋の土曜日に、仲間5人でまた行ってきた。この日も曇り空で、富士山は見えずだったが、涼しい登山だった。塔ノ岳から大倉への長い下りが更に長く感じられて、疲労困憊した。 (2014.10.04.)

Hiking in Hakone

箱根でハイキング

金時山金時山1213mへ登り、その時は晴れていて、富士山が良く見えた。 (2006.11.18.) また曇り空を、いって来た。 (2014.10.20.)

明星ガ岳・明神ガ岳。中国の旧正月休暇で1週間日本へ帰っている。このところ日本へ帰ると、自宅から箱根へは車で1時間ぐらいで近いので、日帰りハイキングにいっている。おとといは箱根の外輪山の明星ガ岳924m明神ガ岳1169mへ登るコースに、連れ合いといってきた。強羅(ごうら)温泉の下の方の宮城野あたり(@老人ホーム)に駐車して、すぐ急坂を登り明星ガ岳へ。そこから尾根を歩いて、おにぎり弁当を食べ、霧が晴れるのを見て明神ガ岳へ行き、そこから火打ガ岳の手前の鞍部からヒノキ林を下山開始。天気予報では午後から晴れるはずが、午後遅く小雨が降る中を宮城野へ戻ってきて、湯元温泉の弘法の湯あたりに入ろうとも思ったが、遅くなったので、そのまま箱根をあとにして、途中茅ヶ崎の大連菜館で夕食を食べて帰宅。(2007.02.19.)

The Western Shores of Lake Ashi (2015)

芦ノ湖西岸ハイキング(2015)

木曜日は予想に反して曇り空になってしまったが、予定通り宝永山へ登山して紅葉を見ようと7:45に家を出た(これは2年後の2017年の宝永山登山に実現)。茅ヶ崎に圏央道ができたせいか135号線と西湘バイパス経由が意外とスムーズで、8:35にはもう箱根・宮ノ下を通り、紅葉が進む国道138号線を抜けて、9:30には御殿場で国道246号線に入った。そこから県道と富士スカイラインを登って新五合目登山口まで行く途中も紅葉が進んでいてきれいだったが、やはり霧にまかれてしまい退散した。同じ道を戻って、箱根の湖尻へ着いたら箱根ビジターセンターを見かけたので、紅葉ハイキングはどこがいいか聞いて調べて、以前行ったこともある石畳の旧東海道は見晴らしがよくないからと、始めは外輪山の黒岳(1018m)へ登るつもりで湖畔をウロウロしていたら、芦ノ湖西岸ハイキングコース(芦ノ湖西岸歩道)を見つけて、前の週に榛名湖畔の散歩がことさらよかったのを思い出して、芦ノ湖湖畔を歩いてきた。

  11:45には駐車して歩きだして、すぐ早川の出発点の湖尻水門があり、次に湖畔にピクニックテーブルがあったので、対岸の神山の紅葉を見ながら持参のおにぎりを食べて、12:15にはこんな静かないい所はないといいながら歩き続けた。ハイキングコースは以前車道だったような広い道で、12:45には箱根疏水の深良水門に着きこの江戸時代の水利工事について学び、この施設のメンテナンス道路かなと思った。亀ヶ崎とか小杉ノ鼻あたりでは湖の湾越しに金時山などの外輪山も振り返って見えるようになり、そのうち道は細い山道になり、対岸の湖の上に箱根権現の赤い鳥居と対岸の前方に駒ヶ岳ロープウェイが見えるころ(14;15)に達して折り返し、15:15には駐車場へ戻って、そこから帰路についた。全10キロのうち1/3を3時間かけてブラブラ歩いたことになる。芦ノ湖遊覧船は湖の北側の桃源台と湖尻あたりから、南側の箱根町と元箱根までを結んでいるのが分り、次回は全線を歩いて遊覧船で駐車場へ返ることにしよう。神奈川県に住む私らには丹沢と箱根は「自分の裏庭」のように思っていても、知らないところがまだまだある。 (2015.10.29.)

Pola Museum & Komagatake (2020)

Pola美術館と箱根駒ヶ岳

8時過ぎに車で家を出て、箱根へ行き、Pola美術館で「マチスとモネ」の展覧会を見てそこでサンドイッチ昼食のあと遊歩道を散歩して、箱根駒ヶ岳(1,356m)へケーブルカーで上り高原散歩して、夕方帰宅した。経過:8:15出発46,356km、西湘バイパス270円、9:05小田原645、国道1号線から138号線へ入り、9:40Pola Museum、10:30地下展示室、11:30 Lunch at Museum Cafe、遊歩道を散策、13:15県道734/735/75号通って、14:20駒ケ岳Cable Car富士山と芦ノ湖と小田原・湘南海岸と愛鷹山のすばらしい眺望で伊豆半島・駿河湾はよく見えず15:20、元箱根、47,142km 15:45箱根新道(ここも国道1号線)/大観山IC、16:10西湘バイパス、Fuji Superで夕食の買い物、705帰宅46,662kmで走行距離は1,715km。(2020.09.09.)

To Kanto Region - 関東地方へ

To Japan Home Page - 日本ホームページへ

To Asia Home Page - アジア・ホームページへ

To World Home Page - 世界ホームページへ

To Logos Home Page


Prepared by Yoshi MIKAMI on November 28, 2004. Last update: Sept. 12, 2020.