The Readers’ Comments to My Book, Spring in Dalian”  

我写的书《大连之春》的读后感

拙著『大連の春』への読後感想

 

 

Links to: Here are longer comments / 长的读后感在这里 / 長い読後感想はこちら

My Books Page / 我的著作 / 私の著作 and Logos Home Page Index

 

Book Reviews
 

-   Whenever Dalian (April issue, 2013)

This Japanese-language monthly magazine has a feature interview article by the editor-in-chief to introduce the author and his newest book, “Spring in Dalian”:

http://www.dllocal.com/whenever/8154.html

 

-      Focus on Dalian (May issue, 2013)
      This English-language monthly magazine has a book review:

Focus on Dalian Magazine-Issue 34 (May 2013).pdf

书评 Book Reviews in Chinese

 

- 日语杂志《Whenever大连》在20134月介绍这本书和著者:

http://www.dllocal.com/whenever/8154.html

 

- 英语杂志《Focus on Dalian》在20135月介绍这本书:

 Focus on Dalian Magazine-Issue 34 (May 2013).pdf

 

 

書評 Book Reviews in Japanese

 

日本語雑誌『Whenever大連

2013年4月号:

編集長による著者のインタビューがあり、この本の出版の経緯と共に紹介されました。

http://www.dllocal.com/whenever/8154.html

2014年9月号:

特集「読書の秋 大連を読む」8冊のひとつとして紹介された。

日本語雑誌『Concierge大連

2013年4月号:簡単に紹介されました。

英語雑誌『Focus on Dalian

2013年5月号:英語雑誌でも詳しく紹介されました。

Focus on Dalian Magazine-Issue 34 (May 2013).pdf

個人ブログ「白象の気まぐれコラム」でも紹介

 「三か国語で書いた自分史『大連の春』」

 

My Readers’ Comments - / 英語

 

A total of 314 people’s comments.

 

The comments that I have received as possible for being be made public are as follows:

 

 

 My first impressions of the Japanese were gleaned from films where people were shouting...‘Banzai !!’…rather loudly. Of late, it might be someone with an expensive camera round his neck standing politely next to me as we trail round one of England’s historic houses. So I’m a fairly typical British guy with all my stereotypes in place, and therefore it was all the more surprising for me to meet and befriend Yoshi Mikami in China of all places, and find that I had a lot more in common with him than I had with some of my neighbours in Manchester.

 

Like me, Yoshi grew up in a postwar world, and reading his  autobiography I’m fascinated to find that he has had a hand in some of the amazing computer developments which have immeasurably affected those of us growing up in that world. We both remember feeding batches of punched cards into the first computers, as big as a room, and hoping that, when we returned in the morning for the results, we did not find the job had failed because one of those cards was out of sequence !

 

But Yoshi doesn’t live in the past, and the passion he has for attracting new     business to his adopted city, Dalian, in north east China, is infectious. Not for him a comfortable early retirement from IBM; the restless energy of this global traveller leaps from the pages of his book, ‘Spring in Dalian’.

 

The book also reveals Yoshi’s more reflective side, and we discover through his accounts of family life, his Christian faith and his poetry a well rounded maturity of character, but with that boyish enthusiasm only just beneath the surface. See you in Dalian, Yoshi, unless you’ve heard that train whistle blowing….! 

 

2013.02.03. Andy Thompson, England, U.K.

 

 

 I was lucky to obtain one of the earliest copies of the book. Although my work and travel experiences are nowhere near the author’s, many of them track. For example, work on IBM360 architecture mainframes and mini computers, and living and travelling in Asia and Europe, such as Spain’s Andalucia. However, what gave me the closest feeling to the author, were his US and China experiences and his language abilities. Detail descriptions of his experiences and places he visited truly took me back to my US days and gave me goose bumps. I found it very interesting and enjoyable and recommend it to any globally minded reader.

 

2013.02.08.  Satoshi Oshima, Tokyo, Japan (now in Dalian, China)

 

 

“Dalian in Spring” reads like a travel guide to Dalian, its surrounding areas and beyond, but like none I’ve read. The book wet my appetite to keep exploring the beauty of Dalian before it changes too much more. Yoshi’s personal story and career have been and are being lived to the full, but the story is far from over.  Perhaps I’ll get to go with him on an adventure in the near future . . . if I can keep up. 

 

2013.03.29.  Brian Clark, Canada (now in Dalian, China

 

 

 The author shares with us many of his interesting experiences. This book is recommended for all young people.

 

2013.04.04. Helen Feng, Liaoyang, China (now in Dalian, China)

 

 

The book "Spring in Dalian" is really interesting!!!  It opened to me many different things that I didn’t know about Dalian, despite I have lived in Dalian around three years. The author had wonderful and full of different interesting events in life and I really thankful that he has shared his life experience. This book has inspired me to change my life and be more active. Thank you, Yoshi, for this book.

 

 

2013.04.17.  Irina Shin, Vladivostok, Russia (now in Dalian, China)

 

 

 I really liked the book "Spring in Dalian". Despite my busy academic schedule I enjoyed reading this book. It was so nice because of the stories shared from the heart, they touched my heart, too. I enjoyed reading the Precocious Autobiography, Things That Matter Most in My Life, and the Poems, both Epic and Lyric, mostly because I related to them, especially the Lyric Poems. I actually read them over and over again. I loved the photographic language the author used in "Snow in March", "The Summer Thunderstorm" and others.

 

  It is a pity that a story about Africa was put last, and it didn't end very well. I hope to invite the author to Tanzania one day, and maybe we will have a better conclusion about Africa. Now that I learned his love for hiking, I guess we can arrange a hike on Kilimanjaro Mountain, the highest free standing volcano, over 5000m high, God willing.

 

It is a wonderful achievement and priceless legacy to the author’s loved family to whom it is dedicated and to esteemed readers, as it carries a journey of 40 years of experience. God bless him for such a wonderful work.

 

       2013.04.17.  Daniel Nkungu, Tanzania (now in Dalian, China)

 

 

      It is interesting to read a book by a wise man with lot of life experience and who has traveled around most of the world. He manages to see the beauty in so many different things which is reflected by his many hobbies such as mountain climbing, encyclopedias, languages, history, food, ice skating, electronics, cars, traveling and writing. All this is surrounded in the book by small fine poems, which carefully describes the beauty of for instance the winter jasmines blooming. This encourages me to be thankful and to enjoy my everyday life.

 

2013.04.01. Lars Jepsen, Denmark (now in Dalian, China)

 

 

I have been extra busy these days, but just managed to finish reading this book. The whole book is permeated with love ----- love for nature, life and people. I am influenced by your attitude towards life.

 

And I like the 4th and 5th parts (Higher Education in Japan/US/China and Working in IT Industry) of the book very much. I am trying to work hard and get some results. And I feel that you had a clear goal in your career, and then tried hard to fulfill it. Yours is really a great characteristic.

 

     2013.04.17. Yolanda Wu, Amoy, China

 

 

A tip my hat to you for your many brilliant personal achievements thus far in life. After ICU not only have you reached the pinnacle state of being completely bi-lingual you have also excelled professionally by mastering the most important language of our times, that of computer technology. Then in the last twelve years like a good son of ICU and its ideals you devoted yourself to live and work in a foreign country by helping the Chinese people to develop their computer industry. Then there is your appetite for other languages....

 

To be frank I have not read the entire book. Nor have I read it in all three of the languages you wrote it, a tedious nevertheless a courageous and worthwhile exercise. In order to test my own ability to understand and digest Japanese I thought I would try to read it in Japanese first and if I confronted any difficulty comprehending any part I could always refer to the corresponding Chinese or English version. But your style of writing in Japanese is so very succinct and easy to read I just kept on reading in Japanese. From time to time to make sure of the meanings I consulted the Chinese translations, almost side by side to their Japanese equivalents, especially some of your poems.

 

This is when I realized that you and your Chinese friends in Dalian have also done a fantastic job putting your story in very stylish and readable Chinese. If they are not your good friends and impressed by you as a person/friend they would not exert so much to make the translation such a success. I admire you for having won so many Chinese hearts. See for more details.

 

May 14, 2013. George Weiming Yuan, Charlotte, NC, USA

 

 

Yoshi and I worked together in the early 1980’s at IBM when we were both in market planning for the IBM 3031/31xx ASCII product line. After finishing his book, I can say that I really wish I had spent more time getting to know him while we were together. He is such a fascinating individual with a plethora of life and work experiences. His book is like sitting in front of a fire swapping stories about what it is like to live and work in a variety of countries, while pouring drinks for each other in the Japanese tradition and having a good time.

 

Here in “Spring in Dalian” you’ll find not only information about the computer industry, but heartfelt poems and detailed itineraries for visiting China, Russia, Japan and a myriad of other countries.  Not to be missed is the appendix of every car that Yoshi has owned, and every one of his computers including make/model and memory size!  His attention to detail is just incredible!

 

May, 2013  Bob Lee, Brewster, NY, USA 

 

 

  For foreigners who would (like to) know more of Dalian. For students to understand that industry, (which is) so much at the heart of the city. For a more entertaining way to study English, Japanese, or Chinese.

 

  For the sympathy and outlook of an experienced and productive character. One who is a boon to the city, and who, with this narrative, has done it yet another service.

 

May 1, 2013. A Book Review by C. Stamback, in ”Focus on Dalian” magazine

 

 

I just finished your book “Spring in Dalian” that brought back so many great memories of the time we all worked together during the ‘80s in White Plains. It is amazing when someone like you tells of times gone by - it gives all of us the opportunity to more fully see all that occurred and how it impacted others. I agree with Bob - your attention to detail is phenomenal - no wonder you were so good at market planning. I also very much enjoyed your descriptions of China and the activity that is going on there in the IT world and beyond. It makes sense that you took this challenge on. Our world has changed a great deal in our lifetimes and we shared some of that change together as IT evolved to be such a significant force for change. Clearly what is going on in Dalian is an extension of that change.

 

Thanks for sharing your book and all the memories and the new lessons,

 

June 5, 2013.  Sean Ryan, NY, USA

 

 

May God bless you always and may He be with you anywhere and anytime. Congratulations on publishing the book on your life and life stories. Many thanks to God again that I have read the book and pray for His love and mercy on you, your family, and His blessing on Japan, China, USA and the other countries of the world that appear in your book.

 

  I am in Seoul to receive God’s next order. I injured my elbow while in Harbin, China, have been suffering from bone fracture and have rested six weeks since May 13. Please convey my greetings to the members of Dalian International Christian Church. 

 

June 21, 2013.  Y.M. Shin, Seoul, Korea

 

 

I have FINALLY finished reading your excellent book. It brought back so many memories of years at IBM. I also enjoyed reading about all of your travels. You have seen so much of the world and have shown great thoughtfulness in sharing your experiences with the readers of your book. And I cannot imagine how you kept track of all you have seen and done.

 

Do you have a diary where you recorded the great events of your life? I enjoyed reading about places that I, too, have visited. And I have gained a new insight into China.

 

  August 7, 2013.  Susan Cassell, Florida, U.S.A.

 

The Author’s Reply: Thanks for your comments. I have kept records of my life’s important things in my home page since about 2000. My earlier writings are mostly from my memory, but somewhat assisted by my family, high school friends, et al.

 

 

I am amazed at the energy Yoshi has carried with him through China and the book records just how many things he has achieved while there. His time has been split largely through four fields, the computer industry, languages, climbing and culture. Having known him personally, sharing three years with him in Dalian, up in the northeastern 'armpit' of China, known as 'Dongbei' (previously Manchuria), I can vouch for his vitality. It was exciting to see photos or read references to places I'd also been privileged to see and I was particularly envious of his trips to two places on our doorstep, iconic Harbin and Jinzhou City, the latter made famous through the autobiography, "Wild Swans: Three Daughters of China".

 

However, he also admits to being 'not so creative', one could say he's something of a technical geek. Colourful though his exploits have been, this book reads more like a diary than a literary chronicle. I think its main value to readers unknown to Yoshi is as a travel guide, and will serve as a good reference point for travellers.

 

August 7, 2013.  Ian Gemmill, Wellington, New Zealand

 

 

I have now briefly finished reading your book, “Dalian in Spring”, although I skipped through some parts. It is indeed a very interesting journey of your life, and I admire your courage to leave your comfort zone and explore the world. 

 

But one query I have: would you feel a bit insecure to reveal so much about your personal life (family) in your book? Certainly I will hesitate to be that open with my personal information. If one day I am going to write a biography I would probably still hide away the real names of my family.

 

September 13, 2013  Tommy Tang, Edinburgh, UK (now in Dalian, China)

 

The Author’s Reply: Privacy is a big concern when we write a book like this. In writing about my family, I tried to write a minimum, but so that my readers would feel that they now know a lot about it. I actually only disclosed their names and where they live, seeking what kind of professions in general.

 

 

First, my thanks to the author for introducing me in the book that I was the editor of his first of the three books, “Computer University of Foreign Languages,” which dealt with how to process foreign languages on the personal computer.

 

Next, I was surprised to find this book is a C/E/J multilingual book. Did you do the DTP process yourself? In any case, it’s really a headache to edit such a book. I feel your passion to your life resides in this fourth book. It will also be a good textbook for me, because I too learned some Chinese as a Mongolian language major in college.

 

This book is also a good travel guide. As I read a travel guide, so do I want to go on a trip. I have been to China to some extent, but not as extensively as the author. This book is full of things the author’s curiosity to his life has found out.  I wish him to continue his good efforts going.

 

September 16, 2013. Yasuko Katoh (Originally from Nagano Prefecture, Japan, but now in Tokyo, Japan)

 

 

Yoshi, congratulations! It was so good to read, especially the parts about IBM, it was really exciting to get another perspective from this company I am also working with! And the part about your various travels is great, if I ever make it to China again (or to some other parts of the world), I'll take this part to guide me. You do really have an exciting life! And it made me want to go back to China to visit…

 

February 20, 2014 Boglárka Várkonyi, Budapest, Hungary

 

 

Yoshi, congratulations! Although it’s not written in the book, I’ve recently learned that you enjoyed kayaking when you were much younger. I also started kayaking last year. You should bring your old kayak over to Dalian, and let’s paddle together!

 

July 31, 2014  Toshi Araki, Tokyo, Japan (now in Dalian, China)

 

The Author’s Reply: My “Fujita” folding-type kayak has not been used for a long time. Based on your request, I have added a section on “Kayakking” in the enlarged edition of this book to be available next year.

 

 

Yoshi Mikami is an exceptional writer who has written his book "Spring in Dalian" in 3 languages.  This alone places his writing in a category that demands attention. In addition, Mr. Mikami has given his readers much useful information about a period of extraordinary development in the digital age.

 

As a former resident of Dalian, I particularly enjoyed the chapters on Dalian.  Many of the places described in these chapters were ones I had visited; and their descriptions brought back pleasant memories of those happy years.

 

Any readers interested in learning" about Northeast Chine would certainly gain much by reading "Spring in Dalian."

 

August 4, 2014  Barbara Phillips (Springfield, Missouri, USA)

 

 

Thank you for letting me borrow the book, “Spring in Dalian” for a long time. I am surprised to find that you belong to many associations in Dalian, enjoying your life here!

 

September 21, 2014  Jeffrey Wong (Ontario, Canada; now in Dalian, China)

 

 

I finished reading your book last month. Thanks again for sending the book to me. I will contact our university library about donating the book when I return from Europe next month. I just realized you studied at Shanghai University for one month! I did my undergraduate studies there! So we are alumni of both Shanghai University and this university.

 

Your story of being an expat in China truly inspired me to expand my horizon while I am living in Pittsburgh. I feel I haven’t done enough to truly embrace the local culture. Reading the book in 3 languages is super fun, too, especially for a Chinese/English speaker who is studying Japanese. I can recommend the book to our Japanese professors, too. They can probably recommend the book to future Japanese language students.

 

October 1, 2014.  Wenjuan Jiang, Pennsylvania, U.S.A.)

 

 

Have you ever gotten to talking with someone and thought, 'His stories would make a good biography, or maybe even a great book'? I came away with that impression after reading Mr Mikami's story. Mr Mikami follows in a family tradition of recording not only poetry, but his many life experiences in China, and beyond. Just for myself, as an HP'er, it was interesting to read about this IBMer's experiences which brought him from Japan, to work in America, and in particular New York state. It has long been said that all the interesting things at IBM happen in New York!

 

I was especially blessed to receive Mr. Mikami's bilingual report of his trip to experience the Holy Land aspect of Israel, which I hope he will include in a revision of his book. I am fortunate to have had Yoshi's acquaintance while living in Dalian. Overall, I should mention is that through his book as well as his numerous Wikipedia contributions and several China-based associations, Mr. Mikami has demonstrated that he is a friend of China - a Japanese friend.

 

October 18, 2014  Mark Smith (Dalian, China)

 

 

Nice to meet you and borrow the book, “Spring in Dalian, at the recent American Chamber of Commerce seminar. I have browsed the whole book, and I am really impressed by your devotion to work and enthusiasm to life. The layout of the whole book is convenient for comparison among three languages, which is helpful in language study, but may not be so convenient for focus on the content. There are some chapters I am very interested, for example your religion life, family life and the special experience you have in Dalian, etc. The pity is that most of the chapters are too short, and I cannot help wondering what is the story behind the content. Looking forward for your next work. 

 

November 26, 2014 Zhang Ying (Dalian, China)

 

 

It was nice to go climbing mountains together, in the latter half of my seven years’ stay in Dalian, 2004 to 2012, teaching at the university. I felt it important that people understand the early history of computer, which was described in the book. Use of the three languages was also very nice. Welcome, anyway, your future move to the Big Island!

 

January 6, 2015 Mike Chun (Hilo, Hawaii, HI, USA)

 

 

I recently was immersed in my dear friend Yoshi's autobiography, “Spring in Dalian”. His writings and well written story is a book of life adventures of Yoshi. It details the walks of life of one Japanese man to the small village where he grew up to the big cities of the US and China through college, family, work and historical perspective of technology through his work in the IT industry. I recommend Yoshi's book.

 

January 31, 2015 Aaron Pierce (Alabama, USA)

 

 

Thank you for the chance to review the manuscript of your book "Spring in Dalian" before its publication. I am happy you liked my suggestion of the subtitle, "My 40-Year Journey in IT and Other Life Poems". I think that gives readers a great perspective of the many interesting topics inside your book. Keep your good efforts going in China or elsewhere!

 

February 17, 2015  Sonia Tellez (Originally from Mexico City, Mexico. Now in Dalian, China)

 

 

I bought the book at the party two years ago to celebrate its publication at Office Korobocl, Tokyo. The second of the author’s three books that had been published, “Guide to Foreign Language Processing Products ‘95” written in Japanese, was extremely useful for me, as I worked for IBM as systems engineer to support the foreign companies located here, at the time when practical knowledge about how to process foreign languages was not available for lack of the Internet.

 

This new book, based on the author’s experience in the IT industry from 1965, one year after IBM System/360 was announced, referring to his work overseas as well as in Japan, and written in three languages, is a rare book and is recommended for many people.

 

February 18, 2015 Takashi Markus Shinada (Originally from Heidelberg, Germany. Now in Tokyo, Japan)

 

 

I was born and raised in Dalian, and, when I tried to learn Japanese recently, got to know Mr. Mikami by chance. As I was introduced to read this book “Spring in Dalian”, I was deeply exposed to Mr. Mikami’s optimistic view of life. To his work, he always tried his best, continuously learned, continuously sought new ways; to his life, he was optimistic and broadly minded; and to his wife and children, he showed best care. That all impressed me.

 

This senior friend in a span of life being able to describe such an illustrious story of himself, using three languages, made me to re-think about my own life. It made me to think that I too must meet difficulties of life in an optimistic attitude. In summary, I thank Mr. Mikami for showing his life to us, Chinese readers, and thank him for his effort to the IT industry in Dalian. I wish him good health, more pleasant moments and peace for the rest of his life.

 

March 26, 2015. Daniel Wang Gang (Dalian, China)

 

 

This year will be my 5th year in Dalian to be living and working in the garment manufacturing industry. "Spring in Dalian" is an encouraging book for me as a foreigner with a global mind. It is not easy to keep up the spirit in an environment with a total different cultural background. Also very inspiring to follow the author’s devotion to his life, work, family and friends. La vita è bella!!  

 

August 8, 2015 Makoto Ayugai (Dalian, China)

 

 

It was nice to read your book, as I assisted you in reviewing the Traditional Chinese draft of your enlarged edition. I, too, love traveling abroad, and enjoyed reading your book.

 

August 26,2015  Steve Chen 陈暹昌 (Hawaii, USA)

 

I borrowed your book and have just finished reading it. I was much impressed by your words in the Conclusion: “But I chose to jump in, and directly and indirectly help China, with an intention that helping Chinese people become richer materially and spiritually is the only way to achieve a more harmonious world for humankind.”

 

September 27, 2015  Sue Bottrell (Hawaii, USA)

 

 

Thank you so much for offering me your book. I have read your epic poems.  My favorite images are:

with the roses in our hearts

and

only the moon giving out lonesome light

 

lovely!

 

September 29, 2015  Nancee Cline (Hawaii, USA)

 

 

Yoshi’s book was interesting to read, especial about the many trips he and his friends and/or family have taken to so many countries of the world. As I have also been to many of the same countries, cities and towns, the book helped me to remember fondly many of my travels. It was also good to read about Yoshi’s coming into a relationship with Jesus Christ, and how that has changed his life for now and eternity!

 

January 26, 2016 Ron Raridon (Hawaii, USA)

 

 

I liked some of your poems. It was nice to read your testimonies of becoming a Christian and of living in China as a Christian.

 

May 11, 2016 Steven Kerkhoff  (Hawaii, USA)

 

 

It was good to get to know you better. You went to a good Christian college and an excellent graduate school. You’ve been to many places of the World!

 

May 25, 2016 Bill Quinlin (Hawaii, USA)

 

 

I have read your excellent book. You are a fascinating guy. I loved your poems.

 

Sept. 10, 2016 AnnMarie Muramoto (Hawaii, USA)

 

 

Thank you for letting me read your book. I loved to see your wedding picture! And thank you for volunteering for Ywam’s Natural Farm.

 

Nov. 22, 2016 Lily Yeree Rim (Hawaii, USA)

 

 

While traveling to Hawaii from the mainland, I enjoyed reading your book, especially the travelogue part of the book!

 

Dec. 4, 2016  James Brown (Washington State, USA)

 

 

I liked the first two chapters and travelogues of your book. I will later send you my comments in detail.

 

Dec. 19, 2016  Joshua Zhao (Hawaii, USA)

 

 

It was nice to get to know you in Kona, Hawaii. I would be more interested in reading the cultural difference between China and Japan, so please include such a section when you have a chance to update your book.

 

Jan. 11, 2017 Barnabas Chen Linfeng (Guangzhou, China)

 

 

Thanks much for lending us your book. Fascinating stuff and want to read more. Very interesting time. Many changes to have experienced --- look forward to learning more!

 

March 9, 2017 Geoff Gilbert (Hawaii, USA)

 

 

It is amazing that you have been to so many places of the world. I, too, have spent much time in Alaska to serve the native Alaskans and share much of your experiences.

 

June 11, 2017 Dick Choy (Hawaii, USA)

 

 

Yoshi Mikami is a genuine, authentic Rolling Stone. There are some people who enjoy the occasional visit to an unfamiliar location, there are others who have their personal list of places they would love to travel abroad and see and then there are a few true pilgrims whose wanderlust has formed into a kind of core character trait. Yoshi is at least the latter if not beyond that a kind of unique pure radical soul whose automatic response to an invitation or opportunity to travel is an affirmative “YES”. To go where he has not yet been and furthermore to record the plethora of details and circumstances that guided his footloose path forward. See for more details.

 

July 19, 1917 Ken McGrath (Kona, Hawaii, USA)

 

 

 

読者のコメント in Japanese 3/3

(右欄からの続き)

 

 

「大連の春」読ませていただきました。(長野県北部で過ごした)少年時代は遠足で春日山城址へ行ったことなどが書かれており、又大連のことや世界各地の旅行記私も一緒に旅行しているような気分で楽しく読ませていただきました。桃園三小卒業されたのですね。中野署在職中交通係にいたとき安全教育や自転車の安全な乗り方を校庭でやりました。警察学校が中野にあり(中野区囲町)しばらくいたこともあり思い出の地です。

 

梅雨が明けたら丸山公懿さんも誘い高尾山行とビヤマウンテンで暑気払いなどしましょう。月、水、土、日曜日は大丈夫ですが予定が入っているときもありますので三上さんの山行で差支えなかったら誘ってください、楽しみにしています。

 

2015.07.06. 渡辺 勝(日本・東京都)

 

【著者曰く】この感想をいただいた週の金曜に、NHKの午後8時から料理番組「キッチンが走る」北信編があると教えてもらい見ました。北信濃で、野尻湖のスジエビ、黒姫山のネマガリダケ、信濃町のルバーブを食材にイタリア料理を作るという内容で、なつかしい風景を見ながら楽しみました。感謝。

 

 

今の若くて元気な時から自伝を書かれたのは素晴らしいことですね。そうするに値するだけの活力に溢れた人生を送って来られたのですね。

 

真っ先の印象は、何と豊かな人生を歩んで来られたのだろう!でした。溢れる幸せが文章に滲み出ていて、幸福な方だなあ!文字通り世界を股にかけて歩んでこられたのですね。(教会で、日本ギデオンの活動で)元気なお姿に再会する日を楽しみに。

 

2015.07.15. 遠藤 徹(日本・神奈川県横浜市)

 

 

本の読後感を以下簡単に記します。

1.自分史を3か国語で出版した貴兄のエネルギーに驚きました。

2.会社人間としての記録は残念乍ら私の最も不得手な分野ですので正直理解できませんでした。

3.世界各国めぐりの事項は、私も行ったことがある地域もあったりして大変興味深く読ませて貰いました。それにしても、貴兄の記憶力の良さ、記録を残しておこうとした周到さなど適当に生きてきた私には出来ない作業の様です。

 

IBMを退職後に10年以上にも亘る大連でのご活躍、中国の方々との触れあいを通じての人間同士としての暖かい関係を築いて居られることに敬意を表します。昨日よりお嬢様の住まわれているハワイに移住?されているとのこと、また帰国した時には(高校同級生の)二火会又は三水会にも顔を出してください。

                                           2015.07.15. 田中 康弘(日本・東京都)

 

 

まずは、いつも「お元気」であったことに驚いています。世界各地を跳び歩いていること、またどこの国でも車で長距離運転をしていること(交通ルールもいろいろであるのにまた、ガソリンに入手も大変だろうに)、そして、山登りをはじめ雪上、水上、海上でのスポーツを何でもやっていること(ダイビングだけはなかった?)。(この続きはここをクリック!

 

2015.07.15. 秋山 恵(日本・北海道小樽)

 

 

この度はご著書『英中日三か国語 大連の春IT世界に40年と人生の詩』をお貸しいただき、ありがとうございました。早速拝読させていただきました。熱くお礼申し上げます。

 

2015.07.20. 伊藤 かつら(日本・東京都)

 

 

日・中・英の3か国語による大作『大連の春』を読破させていただきました。感想は、「スゴイ!」という一語に尽きます。何がスゴイかって、第一に三上さんのエネルギーです。よくこれだけの自分史を編纂されたということ、あらゆる資料を集められそれを一つの目的に集中して、一人の人間の生き様を明らかになさいました。人生のどこかで三上さんを知ることになった人たちに、大変な興味と共感を巻き起こしたことは、間違いございません。

 

これからお付き合いになられる方には、これを1冊お見せになれば、もう旧知の仲以上の関係が生まれることでしょう。ご家族のみなさまもそれはそれは三上さんを誇りに思われることと、お慶び申し上げます。貴重なご記録と素晴らしい作品を共有させていただき、感謝に堪えません。

 

2015.08.24. 飯田 徹(日本・神奈川県)

 

 

コンピューターが壊れて連絡できず失礼しましたが、去年大学の同期会でお借りした本『大連の春』は昔のコンピューターの使い方を思い出させてくれるなど、なつかしい話にあふれていました。

 

2015.08.01. 石井 朋子(米国・カリフォルニア州)

 

 

三上さんとは私が神戸に勤務した一年弱のお付き合いでしたが、三上さんの経歴といくつかの接点がありました。中国に関しては,私は1970年代の後半に上海・北京などで2,3年仕事をしました。また、ボカラトンにはIBMの製造工業IM時代(1980年代後半から90年代前半)に何度も出張しました。三井さんには製品開発の要求を取り上げていただきお世話になりました。つい最近ご逝去されたとのこと、残念におもっています。さらに長野オリンピックの仕事では私も1995年に一年だけNAOCに出向しました。

 

全体の感想としては、三ヶ国語での出版、三上さんでなくては出来ません。敬服しました。三上さんと同じ時代を過ごしたものとしては大変興味深いものでした。記載されている多くの技術は今や忘れ去られつつあります。また、日本社会自体、日米関係、日中関係も複雑に変化しております。その中でこのようなタッチで書かれた当書籍は貴重なものになると思います。

 

2015.08.03. 関 武紀(日本・千葉県市川市)

 

 

奥さんが同じ会社の秘書を勤めたことがあることも知りました。ハワイでの星空観測をまたやりましょう!

 

2015.08.10. Hilo Nagata 永田 (Hawaii, USA)

 

 

『大連の春』を日本から取り寄せ、読み終えました。以下、私の読後感です。

1.旅行の描写が詳細、具体的でよくよく記憶されていて、今後旅行する時のよき道標となる。

2.私には未知なる多くの異国の文化・人々にすこぶる関心が高く、体験も豊富、特に中国に造詣が深く敬服する。

3.クリスチャンのネットワークを大いに活用され、多岐に亘る人的交流は素晴らしいものがある。

4.ご夫婦共々健脚のご様子、多くの二人旅の楽しさが伝わってくる。

5.IT, IBM共通の世界があり、知っている昔の同僚の名前に懐かしさがこみ上げてくる。また、知らなかったIBMの面を紹介していただき有難い。

6.全体的に超人的な海外における体験、知識、人的文化的交流は貴兄に貴重な人生観を形成したであろうことは容易に想像できる。

7.最後に、家族全体の幸福感が伝わってきて、それは宗教を超えた貴兄が自ら形成された人徳によるものに違いない。

 

この本に触れられたことは貴兄の有難き一通のメールに始まり、その気配りに大変感謝しています。

 

2015.08.20. Harry 坂牧 秀一(米国・コネチカット州)

 

【著者曰く】しばらく音信不通でしたが、仕事関係のOB会で関武紀さん(上記)から米国の地域NGOの会長を務めていると聞いて、そこへ連絡して無事探し出しました。私と同じ奨学金でカリフォルニア州の有名大学のMBAを出られて、しばらくして米国のコンサルティング会社へ移って米国へ定住されたとのこと、また私が神戸営業所で先輩たちと翻訳・社内出版した『鉄鋼業におけるOCS』三部作(本のp.105)が実際1970年代の製鉄所のオンラインシステムの設計に役立ったと関さん、坂牧さんから聞いて、大変嬉しい気持ちです。

 

 

娘さんに犬を預かってもらったことがあり、この本を読んで犬好きだったことも分かり、生い立ちも多少理解できて面白かったです。

 

2015.09.04. Matsuko Nagata (Hawaii, USA)

 

 

長らく借りていましたが、以前に読み終わっていましたので、藤鴨会で返却いたします。詩をもうすこし拡張すると、もと楽しめる感じで覚えています。

 

2015.10.07. 井野 英哉(日本・神奈川県)

 

 

内容が面白いので、何回も読み返しました。世界的な企業で働いたので、いろいろなところへ行きましたね。私は五寸人参の委託栽培でおもに南米チリへ行きましたが、そんな広くは行ってない。

 

2015.10.09. 江尻浩三(日本・横浜市)

 

 

大連の当社で本の編集を行ない、3か国語というユニークな形で、きれいな本ができましたね。表紙も若者のデザインで、素敵な仕上がりで、喜んでいます。

 

2015.10.10. 何徳 (日本・埼玉県)

 

 

大学教育について‘改革論’がまた紙上賑わせていますが、三上さんの本に通奏低音で流れているものの一つにICUの文化があるような気がします。IBM同様に。多文化に対応できる人材育成というのは今の時代より求められてICUは時代時代で応えているのでしょうね。三上さんも一つの成果(結果?)とも思います。ICUはもとIBM社長の北城さんがいま理事長だし、うまく連携したら更にいい意味での啓蒙書になるような気がします。また、この本には著者個人のことも結構書いてあり、よくここまで書いたなという感じで、非常に読みやすい本でした。ぜひハワイ移住後の話題も入れて、『ハワイの夏』でも書いてください。期待しています。

 

2015.10.10. 仁藤 邦夫(日本・東京)

 

 

高校同級会の回覧で読みました。いろいろな活動に関して、自分がどう感じたかが書いてないので、もっと書くとよかったと思います。

 

2015.10.17.  小澤 雄志(日本・東京都)

 

 

毎年秋の社会福祉法人「やまばと学園」訪問、以前機関誌「やまばと」への寄稿をありがとうございます。月の関する詩をいくつか書いておられるのが印象に残っています。

 

2015.10.20. 長沢 道子(日本・静岡県)

 

【著者曰く】上の何人かの方々はこの本を全部または一部読んでもなかなか感想を貰えなかったので、色々な会で会った時に感想を聞いて、了解を得て載せています。

 

 

ご著書「大連の春」の日本語文記述を読み終えました。これから英語文記述を読みます。ICU卒業後、IT世界で仕事をされてきた三上さんのその間の様々な出会いの一つ一つには意味があると感じました。会うべき仕事に出会い、会うべき人にも良きタイミングで出会えた40年の記録を淡々と記述していらっしゃる内容に好感を抱きました。どんなに細い糸であったとしても人間の物語を出会いは運んでくれていると思いました。三上さんは、ご自身の歩幅で仕事、友情、人生を大切にし、感謝しつつ謙虚にしかも悠々と新しい一歩をその時その時にすすんで行かれていたことを知りました。三上さんらしいと思いました。また、清々しさも覚えました。

 

次世代を担う若い人々に是非読んでもらいたい書籍です。厳寒の冬の後、他の色の花が咲き始める前、迎春花として私たちをたのしませてくれる黄梅。表紙に黄梅の黄色を目にした瞬間、耐え忍ぶ、心の広さが漂う特有の気質みたいなものに自分の思いを馳せたのですが、書籍の内容のなかにも同じことを受け止めました。三上さんも、中国の方々も黄梅がお好きでいらっしゃいますか。今度、お会いした時にでも手作りの美味しい中国の「ぎょうざ」の作り方も教えてください。3ヶ国語のめずらしい構成の良書に今頃になってしまいましたが出会えたことを、私は、こころからうれしく思っております。

 

2015.10.27. 飯島 蘭子(日本・千葉県)

 

 

長らくお借りしていたご本「大連の春」を昨日レターパックでお送りしました。高校卒業後の様子も分かり、私は満州生まれで、6歳半で引き揚げてきました。中国には20年前に北京、西安に旅行で行きました。大連は覚えていませんが、我が家には良き時代の満州での写真が残っておりましたので、ちょっと懐かしい思いがしまして、読ませていただきました。

 

2015.10.30. 安倍 多枝子(日本・東京都)

 

 

先日台湾へ送られた本6冊の1冊を入手し、今月は横浜で35年ぶりにお会いしました。詳細なメモを取られていたのでしょうか、昔のことを詳細に覚えているのには感心しました。この本はで何回も読ませて頂いており、これほど詳細に自叙伝として書きおろされたものは読んだことが無く、私の貴重な本と考えており、保管させて下さい。如何に幅広く、深く人に接してこられた事実に感銘しております。今後とも知識人として、また友人として末永くお付き合い頂きたくお願いいたします。

 

2015.10.31. & 12/04 江頭 清房(日本・神奈川県、現在台湾・新竹)

 

 

貴殿の本はお借りして拝見しましたが、一応三ヵ国語を話せる小生には日本語しか興味が無く、日本語の部分の記載が幅が狭いので、読むのに疲れて、途中で放棄してしまいました。悪しからず、ご了承下さい。

 

2015.11.03. 青木 龍男(日本・兵庫県神戸市)

 

 

大学同期三上さんの自伝。自分に身近なトピック、大学の思い出、海外山行きの部分など興味深く在学時代知らなかったことなど、大変面白く読ませていただきました。

 

2015.11.05. 高橋 雅枝(日本・東京)

 

 

昨日拝読しました。三上さんの70年以上の人生経験が細かく記載されているのには驚きました。貴殿の活躍の広範囲なのには敬服いたしました。英文でもう一度読読み返しました。今後の貴殿の福音伝道の活躍をお祈りいたします。

 

2015.11.05. 高木 武良(日本・東京都渋谷区)

 

 

ご無沙汰しております。本を頂いた時に一気に読ませていただきました。本は懐かしく楽しく読ませて頂きました。

 

2015.11.06. 高嶋 孝明(日本・神奈川県)

 

 

最近、高校のクラス会等で何回か三上さんにお会いすることがありましたが、その度にあちらこちらへの旅行談を興味深く聞かせていただき、三上さんは良い意味でまるで宇宙人のような方だと思っていました。しかし、今度、「大連の春」を読ませていただき、実はしっかりと地に足の着いた企業人なのだということがわかりました。(この続きはここをクリック!

 

2015.11.07. 染谷 紀子(日本・東京都)

 

 

一通り読ませていただきました。正直言って、人生の波を上手に乗りこなした優秀な理工系のサラリーマンといった感想です。会社で与えられた課題と取り組みながら、どんな影響が外の世界ないしは未来に及ぶのかなどと考えたことはあったのだろうか。

 

また長年、在住していた大連で日本が侵略戦争をしかけた際に何が起こったのかを知りたいとは思わなかったのかなとも思いました。私が瀋陽をグループで訪問したとき、瀋陽市の役人はとても親切でしたが街中であった貧しい老婆の冷たい、敵意に満ちた視線を忘れることはできません。

 

2015.11.23. 安原 桂子(日本・東京都)

 

 

いま読書中ですが、ペットの「シロ」の話がいいです。私もペットの犬「モモ」を飼っていましたが、10月に病気で亡くなり、ショックでした。ただし、その前の2月にモモと一緒に散歩していた時に見つけた迷子の犬がついてきたので、「忠犬ハチ公」と名付けていま飼っています。三上さんがシロちゃんを連れて磐梯山へ登ったのは1989年でしょうか、私が磐梯山へ登ったのは1992年でしたから、その時にはシロちゃんの足跡を踏んで登ったかも知れませんね。

 

2015.11.24. 周 文喜(中国・大連)

 

 

お借りしていた『大連の春』、楽しく拝読いたしました。英語、中国語、日本語と3言語の文章が並んでいるのに、まず驚かされました。三上さんはまず英文で書き、それを日本語に翻訳したんですね。私は和文のみざっと目を通したのですが、三上さんが送られた企業人としての人生、さらにその後の世界人としての活躍ぶりが見事に活写されていて、とても興味深く読ませていただきました。(この続きはここをクリック!

 

2015.11.27. 奥田 万里(日本・静岡県)

 

 

貴兄の著書「大連の春」を読みました。旅行記は目を通すだけでしたが。貴兄の体験と照らし合わせながら自分の人生を振り返りました。高校同級生が普通に共有する話題以外にも語り合える共通の話題を見つけました。他の読者もそれぞれに貴兄と共通の話題を見つけることと思います。同窓会ではそれが糸口になって話に花が咲くことでしょう。先端技術の一端をいろいろな角度で見た所見を述べ合えば、産業史になるでしょう。現役で働いている人が読めば関係分野の人脈が手掛かりになるかもしれませんね。

 

 貴兄とも共通する、私自身と身近な事柄について述べることにします。(この続きはここをクリック!

 

2016.01.08. 布施 信昌(日本・東京都)

 

 

この美しい一さつの本を通し、三上さんの愛にみちたさわやかな人生に触れることができ、心あたたまる思いです。世界を縦横にかけめぐり、与えられた場でせいいっぱい人と神を愛し、信じつくし、本当にすばらしい人生をあゆんでいらしたのですね。その心が詩の中に凝縮しているようで、三上さんの詩、私、とても好きです。

 

     2016.01.27. 楠木 くに代 (日本・千葉県印西市)

 

 

先日、南米パタゴニア地方の旅行から帰国したばかりですが、貴著「大連の春」は旅行中に読ませて頂きました。著書を通して、三上さんの自分史と中国国内旅行記から、生活を非常に楽しみ謳歌している様子がうかがえました。これも、ひとえに人との出会いを大切にして交流を深める資質が素晴らしい三上さん、だからだと妙に納得しました。

 

     2016.01.31. 窪田 正明 (日本・神奈川県藤沢市)

 

 

お送りいただいた『大連の春』はカーネギーメロン留学のページのみ先に拝読して、いずれゆっくりと拝読と思っておりましたが、本日メールを頂いてあわてて本の山をかき分けましたが、今すぐに見つかりません。昨年末に20年ぶりの書斎大掃除をいたし、すぐに見つからないので、先ほどAmazonより中古本一冊(新本を選択しましたが在庫切れで出荷が約束できないということでしたので、「中古ー非常に良い状態」)を藤沢の方にお送りしました。)

また、カーネギーメロンの人工知能研究の派生的な?(漸進的な?)提言として、 もしご興味をお感じでしたら、『武士道マネジメント』(2016年、英文は「Bushido AI Programming」)をお読みいただければ幸甚です。三上さんからどのようなコメントを頂けるのか...少し緊張しながら、そのような折を楽しみにしております。

 

2016.02.02. 大中 忠夫(日本・愛知県名古屋市)

 

 

一言:「素晴らしい充実した人生を自らが拓いて来られて、そのフルーツを今ハワイでお嬢さんたちとご一緒に美味しくいただいているのだな~」。そして、中国語を習得されて、自分の歩いた道を日本語・中国語・英語の三ヶ国語で本にして出版すると言う、当方は聞いたことも無い快挙に感動しました。本を読んで、多くの点で貴兄と当方の歩みに多くの共通点があることが分かりました。学生時代の共通点、社会人時代の共通点を別便でお送りしました。

 

2016.02.02. 川名 進(日本・埼玉県所沢市)

 

 

三上さんが退職された後に偶然箱崎のロビーでお会いした時に「今、中国で企業誘致の仕事をしています。」とおっしゃられていたのは鮮明に覚えていて、当時何も考えなしだった私には全くピンときませんでした。しかし、本を読み進むにつれ、多くの企業の中国進出に大きく貢献されたことがわかりました。また、IBMの歴史が良くわかるような三上さんのIBMでの歴史と、今は違う会社に変貌している事を実感する事もできました。

余談ですが、三上さんが台湾にいらした1990年に、ご家族とバリ島へ来られて偶然にお会いした事は覚えていらっしゃいますか?バリ島の事は少し触れていらしたので、なんだか懐かしく思い出していました。そして、三上さんの年齢がわかり、いつまでも若々しくいらっしゃる秘訣がなんとなくですが分かった気がいたします。

 

2016.02.12. 須田 圭子(日本・東京都渋谷区)

 

 

ご本は横浜市図書館で借りて読みました。ギデオンの会だけでお会いしていましたが、主人が長野県(小諸市)出身でもあり、大変親しみを感じました。

 

2016.02.14. 小山 充子(日本・神奈川県横浜市)

 

 

ご著書を手にした時に、まず三か国語を併行して頁を進めるという画期的な構成に驚かされました。その様な願望を持つ人は今までにも居たかもしれませんが、実現した人居ないのではないでしょうか。その発想力、企画力、実践力には脱帽です。内容的には、縦軸が“life history”であり、横軸は“大連”ということかな、と拝読させていただきました。

 活動的な性格なので、世界をまたにかけての行動力は本当に素晴らしく、うらやましい限りです。そして常に努力を怠ることなく前向きで、ご両親から授かった知的能力の上に、好奇心と向上心が加わっているので、鬼に金棒と思いました、クリスチャンになられる以前からの自然体のhuman serviceの精神もきっと教育者であられたご両親の生きる姿勢から知らず知らず受け継がれたものかもしれませんね。

 

2016.02.14. 土屋 静子(日本・東京都)

 

『大連の春』を読ませていただきました。これまでの人生の航跡を一つの本にするなんて、羨ましいことですね。大連にいた頃を懐かしく思い出しました。

 

2016.02.21. 池田 清(日本・神奈川県横浜市)

 

 

貴兄のIBM勤務時代、退職後の大連での意欲的、精力的活動に感動しました。特に退職後の大連を拠点に教育面、社会貢献面での活躍は素晴らしいと思います。私は大学卒業後、化学品会社に就職し、68歳まで43年間サラリーマン生活を過ごしましたが、退職後は全く勤労意欲なく、地域活動もせず、年金でその日暮らしの毎日です。月4回~5回のゴルフと時折の飲み会を楽しみにしています。

 

2016.02.21. 西田 幾久夫(日本・東京都中野区)

 

 

まず最初にドキュメントの細かさには驚かされました。おそらくこの本の何倍ものデータが手元にあってのことと思います。これまでに出会った方々の数、関連した会社の数、携わった仕事の種類、どれをとっても私のそれには比べものになりません。また企画、交渉、中国人への教育など、いずれも語学の素養をフルに活かせたことがベースになっているのだと、全編を通して感じ取れました。

私はといえば外国語については、あやふやな英語のみでお恥ずかしい限りです。会社での仕事に関しては、営業所時代(28年間)には様々な業種のお客様の適用業務サポート、DOS/VS、MVS、CICSなどのシステム導入を、研修時代(12年間)には新入社員教育、スペシャリスト認定試験、プロジェクト管理の研修、インストラクター発注業務、などを担当しましたが、三上さんの経験されたことについては、すべて興味深く、羨ましいものばかりでしたので、「大連の春」は大変楽しく読ませていただきました。ありがとうございました。

 

2016.02.29. 藤平 建治(日本・千葉県)

 

 

目次を見ながら関心のある所を拾い読みしてみました。とりあえずの感想は以下の通りです。

1.三か国語で一册にまとめあげられた書物に初めて触れました。形式がユニークで英語、中国語を学ぶ日本人、英語、日本語を学ぶ中国人の外国語教材としてもうってつけですね。

2.三上さんが私と全く同年代の方ゆえ履歴関係を関心を持って読ませて頂きました。公私にわたり実り多い良き人生を歩まれていますね。私も”履歴書”書いてみたい気分になりました。

 

2016.03.06. 永田 哲夫(日本・千葉県)

 

 

著者三上吉彦さんとの出会いは20047月大連ソフトウェアパークを訪問した時で、当時定年退職後にかかわらず中国人の部下を指揮し精力的に活躍されているのに大変感動し、発展に邁進する中国の最前線で活躍する日本人のたくましさを感じさせてくれたことを覚えています。この度12年振りに三上さんと再会し、英・中・日3ヶ国語による「大連の春」出版のお話をお聞きし早速に拝読をさせて頂きました。以下に読後の率直な感想をお伝えいたします。

 

  最初の驚きは英・中・日の3ヶ国語併記の文章はどの読者も驚嘆させられ、著者の執筆・編集エネルギーに敬意を表すると思います。これはただ語学的な興味ではなく著者自身が冒頭述べているように、3ヶ国語を自由に扱う人と大連で出会い、そうした人たちに読んでもらうための深い配慮がされたことを確認したいと思います。

 

  著者三上さんの語学の才能には天性のものを感じます。幼少のときから海外で生活・教育を受けてバイリンガルの環境のなかで育ったわけではなく、高校までは普通の公立学校で教育をうけ、大学でICUに進学してから、2年生になったときには英語の授業に対応でき世界が広がったと述べています。中学生のときにドイツ語の基礎を勉強し語学が趣味になったとはいえ、その後フランス語・ロシヤ語・中国語等こなされていくのは努力もさることながら天性に支えられていることを羨ましく思います。

 

  70年の人生を総覧されている著書の中で自身の健康についての記述がひとつもありません、想像するに強靭な健康を維持された人生を歩んでこられたと思います。大学院留学中の夏休みも会社で働き定年退職後も休憩も取らずに家族と別居しながら海外で働く仕事人間でありながら、春節で帰国のときは奥様と旅行に出かけ、レジャーとご家族との交流もこなす柔軟で順応性に富んだ性格は更なる身体と心の健康を増進しているのでしょう。

 

  最初本書の目次に目を通したとき、オヤと思ったのは本書の第1章は自伝から始まるのではなく本書のタイトルになっている黄梅を背景とした「大連の春」の叙事詩で始まっており、最終章の手前に中国の四季を詠む抒情詩が挿入されている、それぞれの詩は季節の自然を情景としながら、必ず人への思いへと繋がってゆく、感性の高まりを感じさせる詩となっている。自伝のなかで物理と数学を専攻された著者のキャリアからは想像しがたい幅広い人間性と教養が発揮されていることに驚かされます。

 

  最後になりますが本書は目次にありますように本文のほか献呈・はじめに・まとめ・謝辞・付録・参照・英語索引があり家族への感謝、出版関係者への感謝とともに、本書の理解を深めて頂くための諸資料を提供する著者の読者への配慮が用意されています。心から本書出版への賛辞を贈りいたします。 

 

2016.03.08. 柴﨑 等(日本・神奈川県)

 

 

「大連の春」を楽しく読ませていただきました。3ヶ国語のドキュメンタリーは初めてです。多くの人との出会いと仕事への情熱を感じました。三上さんの観察力とドキュメント力に大変感服致しました。ありがとうございました。

 

2016.03.10. 近藤(日本・埼玉県)

 

 

先月昔の山の仲間が集まった時にお聞き、今回楽しく読ませていただきました。三上さんの素敵なお人柄がよくわかります。

 

2016.04.06. 武井 恵子(日本・東京都)

 

 

感想文です、遅くなってすみません。読み終えたは早かったのですが。緻密な記録を土台に軽快なフットワークで話題が動き、実に面白い読み物ですね。人との出会いを大切にして回りもご自身も楽しくさせる不思議な三上さんを改めて知りました。10数年振りの再会の機会にこの本を紹介されましたが、あのタイミングで遭遇したのかと想いつつ読ませて頂きました。ところで、感想文ホームページを見ると、あの人もあの人も、、と、これも懐かしかったです。

 

2016.04.16. 神田 健三(日本・東京都世田谷区)

 

【著者曰く】本にも書いてある「LAMN山の会」の方々に15年ぶりに新宿でお会いし、藤平・近藤・武井・神田さんに感想文も送っていただきました。多謝!

 

 

この度は、大連の春の本を読ませいただき真にありがとうございます。まずは、三上さんが大連IT Clubの立ち上げも含めて、大連ITの発展に色々貢献していただくことに対して感謝しております。

 

1.自伝:

1)その時代で、大学時代にすでに英語で数学と物理をならったことに対して大変うらやましいなと思っております。 この続きはここをクリック!

 

2016.05.10. Chris 金 石春(中国・大連)

 

 

極めて切れの良い臨場感ある記述ですね。それにしても、実によく記録されていたのですね。川崎で接点があり、その前後に出てくるお名前も沢山ファミリアなものがありました。逆に中国に行かれてからは殆ど新しい話ですが、前述の臨場感のせいで非常に楽しく読まさせていただきました。ありがとうございます。

 

2016.05.15. 新谷 勝利(日本・神奈川県横浜市)

 

 

久しぶりにメールを開いたら貴方メールがあり、お借りした本を慌てて返送しております。貴書を見て、国際的な方だと改めて感じ入りました。

 

2016.05.17. 米山 努(日本・福島県いわき市)

 

 

感想をということで、もう一回読み直しました。改めて、感心しながら拝読しました。

 

・日本語、英語、中国語という3か国語での著述、恐れ入りました。私は中国語は読めないので、知っている漢字から簡体字を類推するくらいですが、改めて、英語と日本語は読み直しました。この本は、中国語を学ぶひとにとっても良い参考書となりそうですね。吉さん、たいしたものですね。

・本当にいろんな国を訪問されているのですね。おそらく、これだけの国とその国のいろんな地域を訪問した人は、日本人の中でも、稀ではないでしょうか。

・吉さんの行動力にも感服しました。

・中国の方々との交流の幅の広さにも感服しました。吉さんが交流された中国の方々は良い人ばかりだったようですね。

 

197090年代の中国でのIT関係の工場設立・機器のメンテナンス上での度重なる問題の経験のせいで、中国大陸の幹部クラスに対しては、不信の気持ちが今もぬぐえませんが、吉さんの交流録を読んで、中国にも良い人もいるのだなと、その気持ちが若干訂正されました。

 

2016.06.05. 江原 敬一(日本・神奈川県)

 

 

本全体が三上さんの自叙伝のような形なのですね。三上さんの時代にICUを卒業され、システムエンジニアとしてIBMに入られたこと自体が先見の明の塊ですね。CMUはじめ海外数か国で活躍され、マルチリンガルの本まで出版されて素晴らしいです。ご家族もさぞかし三上さんをご自慢に思っていることでしょう。

 

中国に限らずですが旅行で訪れるのと実際に住むのとではその国の印象は違いますね。

 

2016.06.28. 森田 理香(日本・東京)

 

 

お借りした御本はさっと読ませていただき、先日のGSIA同級会@銀座もどきの会でお返ししました。GSIA卒業後の消息が分かりました。今の中国の世界に対する乱暴な姿勢とマッチしないため、なんだか子供の頃過ごした故郷の雰