ジョギング

Jogging – 跑步

By  Yoshi Mikami / 三上吉彦

『飯綱山の初雪』(2012.11.21.)から

 

内容

アメリカ... 2

米国・ピッツバーグでジョギング.. 2

米国ハワイ島でジョギング.. 2

アジア... 4

台湾・台北でジョギング... 4

中国・大連でジョギング.. 4

日本・藤沢でジョギング.. 5

ヨーロッパ... 5

イギリスで、フランス、スペイン旅行でジョギング... 5

 

 

アメリカ

 

米国・ピッツバーグでジョギング

 

私は20才台の後半の1969年に米国の大学院へ行く途中に、大学の同級生・神沼二真がハワイ大学のEast-West Centerに勤めていた時に会い、その時に「ジョギングはいい運動で、米国空軍のケネス・クーパー(Kenneth Cooper)が『エアロビクス』(Aerobics1968年)という本を書いているので読むといい。」と勧められて興味を持ち、この本も買い、ジョギングを開始した。始め1マイルを走って、その距離を徐々に長くしたり、頻度を高めたりして、健康増進に努めるというものだった。

それで、大学院はペンシルベニア州ピッツバーグにあり、1年目は大学院で寮のMudge Houseから外へ出ると駐車場があり、自分の車を確かめてから少し準備体操をやり、信号でForbes Ave.を渡って、カーネギーメロン大学(Carnegie Mellon University)キャンパス内に入ってそこの芝生を走った。私の大学院は1番奥にあり、キャンパスの外にはシェンレイ公園(Shenley Park)があったが、そこは広大で少し危険なので走ってない。2年目は歩いて15分位のところのスクイレル・ヒル(Squirrel Hill)に友人と住んだので、そこらへんを走ったと思うが、詳しくは覚えていない。ほぼユダヤ人街と言われていて、そこにピッツバーグ唯一魚屋があり(当時アメリカ人は魚を食べなかった)、水曜日にはフレッシュな(?)魚が入荷した。

 

米国ハワイ島でジョギング

 

2015年の夏に米国ハワイ島のカイルアコナKailua Kona)へ移住したので、朝と夕方の日課のジョギングコースを書いておこう。ここはハワイ島を作っている5つの山のひとつ(Hualalai山、海抜約2500m)の中腹約450mの地点なので、坂道が多い。そこで家の前のLoloa Driveを山へ(東へ)向かって30mくらい上るとHolu Streetがあり、これは山の中腹を南北に横断して走る比較的平らなコースなので、1mから5mくらい上下はするが、何とかそれに沿って走っている。まず北へ向かい、左(=海側)に赤・白・橙・青のブーゲンビリアの花と右に黄色のハイビスカスを見るが(プルメリアもあるのだがいまは開花の盛りを過ぎている)、朝は9時ごろになると右手の山の上から強い日差しがじりじりと照りつけるので、野球帽子のヒサシを右に寄せる。Alihilani Dr.を横切り、さらにMahilani Dr.を横切る時には左に南太平洋とハワイ新エネルギー研究所の太陽光発電の細長いガラス屋根がよく見えて(いま夏の終りの夕方はそこの右側へ陽が沈む)、そこを過ぎて真っ直ぐ少々下り、さらに少し登った所でもう登るのは止めて折り返す。

もと来た道を戻り、途中左手(山側)に大きなアフリカン・チューリップの木の橙色の綺麗な花も見ながら、もとのLoloa Dr.を超えて、さらにAhulani St.を超えると、いまツーバーフォーで建築中の家があり、そこからは南太平洋と左の方にカロコ公園とホノコハウ港が遠くによく見えて、さらにAhikawa St.を超えるとその道はKeokeo St.になり、少し登り下ると海側にハイビスカスがまばらに咲いている所で折り返し(そのまま行くと飛行場へ下る大きなKaiminani Dr.へ出るがそれ以上行くのは犬が吠えるので嫌いだ)、そこから折り返して、もとに戻るという大体1 mileのコースで、これを1回か、気分が乗れば2回走る。

走る時は道路の左側を走るのは、運転免許証を取る前の学習書に事故の場合に道路を歩く場合は左側を歩くことと書いてあり、こうすると車は右側通行なので後ろからハネられる危険性が少なく、このあたりは路肩が芝生になっているから、そこへ踏み入れる場合もある。途中で6羽の野生の七面鳥の家族に会うこともあり(どうやらこの辺りに定住しているらしい)、小さな雀位の黄色い小鳥(Yellow finch ?)をよく見る。道で出会う人があれば、お互いに声であいさつするのは、日本では知らん顔をしているので違うというか、日本では見ず知らずの人と路上で会っても挨拶しないので、それぞれの国の習慣を守っているということか。横切る道はすべて相手が一時停止なので、車の運転者へ譲ったり譲られたりする場合は、少し距離があるので手で挨拶している。 (2015.08.14.)

上を書いてからしばらくして、我が家近くのジョギング・コースを拡張した。すぐ上の南北道路のHolu St.を北へ向かい、坂の途中で引き返していたのを、この高度差20メートルくらいの坂を上のOluolu St.まで行って引き返し、南はKaiminani Dr.Dr.という名前だが飛行場へ下りる大きな道)まで行って引き返す、全部で25分のコースを試みてみた。 (2015.09.08.) 翌日は前日水泳もしていて疲れていたので、しっかりと歩き、35分のコースだったから、ジョギングも散歩も所要時間は大して変わらない!(2015.09.09.) この拡張したコースで時間を測ってみたら、Loloaの出発から坂を上がってOluoluから引き返すのが約10分、そこからKaiminaniを超えてひとつ先のIhumoe St.までが10分、そこからLoloaへ戻るのが10分で、全部で30分位のジョギング・コースだった。いまはハイビスカスが所によって赤、ピンク、白、黄と咲いて、大輪の花なのできれいだ。何しろ年相応のゆっくりジョギングなので、若い女性がどんどんと抜いていく。Oluoluの手前では日本語を碌に話せない日系人Jerryに会ってヒロから引っ越してきたと聞いたり、Ihumoe付近では娘と同じ四輪駆動車を持っている人が隣りの空き地のキアベの木を切り倒したあとの丸太をこの車で車道近くまで引いて、「An amazing car!」などと自画自賛して話しかけてくる。  (2015.09.2.) 

私がいる家の番号に近い73-113773-1138が少し離れたHolu St. @ Ahikawa St.の角にあるのを発見し、アメリカの比較的新しい地域でも、番号制度はうまくできてないのを実感。(2015.11.17.) 最近おばあさん(私はおじいさん)が比較的大きな犬を連れてゆっくり歩いているのに出くわすので、坂を下りる時に立ち止まって話しかけたら、父親は山口県大島の出身で、彼女も弟もアメリカ生まれだが、弟は親類の葬式で日本へ帰った時に選挙をしたら米国籍を失った、などの日米戦争中の話をしてくれてりした。 (2015.11.23.)

 

 

アジア

 

台湾・台北でジョギング

 

1990年に台湾・台北で暮らした時にも少しやったが、何しろ暑いのであまり意気が上がらなかった。アパートは台北市の北郊外で中山北路の北はずれにあり、そこの広場あたりを走っていた。4月になると外はもう暑くて、梅雨が7月まで続く。6月には広場でライチーが売られていて、初めて食べたがそれはおいしかった。会社でアメリカン・クラブの会員権をくれたのでおもに妻とテニスをしたり、子供の図書を借りたりしが、その敷地をウロウロ走り周りもした。

 

中国・大連でジョギング

 

私は2001年から14年間、中国の遼寧省大連で生活して、始めはジョギングも市内の実験小学校の校庭などで200メートルくらいがせいぜいで、あまり真面目でなかった。2回目の引っ越しをして、中山公園の交差点向かいのビル(万達華府)に住んだ時頃から、公園には1周1キロの歩道があり、まじめにジョギングをやりだして、ひまさえあれば1キロ~5キロを走っていた。余勢を駆って、20084月にはANA協賛の大連マラソンの5キロレースにも出て、当時は人民広場の南から出発して、そこにあった大連運動場の中のトラックがフィニッシュで快適だった。翌年と翌々年は出張などで参加できず、その後は大連マラソンが開発区へ引っ越し、フル・マラソン以外はなくなったので、参加していない。

2010年から西郊外の大連高新園区へ引っ越してからは、そこが珪谷暇日(Silicon Valley Resort)という住宅地だったので、そこの後ろの急坂を反時計回りに回って、走っていた。時には七賢東路(路面電車の万達広場の道)を海岸寄りへ走っていって、海岸の丘へ登るのも楽しみだったが、ここは常に建設用のトラックが行き来していて埃が舞ってすごかった。

 

日本・藤沢でジョギング

 

2001年の退職の少し以前から始めて、特に大連時代に日本も神奈川県藤沢市の家へ帰ると、一生懸命ジョギングをしていた。家を出て、まず近くの公園(西公園)から下へ下り、反時計回りにもとの公園で帰り、これは最近追加した出だしの寄り道で、そこから近所の人たちが「富士見坂」と名付けた坂を下りながら、特に晴が続く冬は鵠沼から大磯を眼下に見て、遠くに左から伊豆半島、箱根、富士山、丹沢山塊を眺めながら走る。もう一つの公園(南公園)の脇を通って、白百合学園のそばを通り、バス道を超えて、大船~江の島へのモノレールの片瀬山駅のそばを駆け抜けて、3つ目の公園(東公園)のそばまで行き、もとの自宅へ戻るという、大きく反時計回りに走る1.5キロ(1マイル)である。

 

 

ヨーロッパ

 

イギリスで、フランス、スペイン旅行でジョギング

 

ヨーロッパのイギリス旅行フランス東南部旅行西南部旅行スペイン旅行した際にも、ジョギングはしている。ただし大部分は自分でレンタカーを運転するなど忙しい旅行だったので、それで疲れていたからか、ジョギングした例はよく覚えていない。その代り、アルプス山脈やピレネー山脈の山へ登ったりしている。 (2015.10.05.)

 

 

 散文目次へ戻る

  ホームページへ戻る

 

Created by Yoshi Mikami on March 7, 2015. Updated on December 6, 2015.

 

Followed Possibly by the Internet server company’s alien messages.